中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【自己愛が強い人の心理】ナルシストとの関係から自分を守るためにするべきこととは?

ナルシストとの関係から自分を守る方法

 
『身近にナルシストがいて攻撃されて困っているんだけど、どのように対処すればいいのかわからない』というコメントをよく頂くんですね。
 
今日は『ナルシストとの関係から自分を守る方法』についてお話しするので、何が一番ナルシシズムの要素が強い人に効果があるのか納得していただけると思います。
 
これは決して彼らを操作するなどの心理テクニックとかではなく、専門家が勧める方法です。
 
『付き合っている人がナルシストで大変』とか『家族にナルシストがいてめっちゃ迷惑かけられてる』という方はぜひご覧になってください。
 
 
 
ナルシストは操作的で全てが勝ち負けで『自分が勝った!と感じるまでとことん戦おうとしたり、とても攻撃的で相手をするのが大変なんですよね。
 
口論をしても話の内容を歪めたり話し合いをしようとしても会話にならないし、欲しいものだけ上手に奪い取ってくるので扱うのが難しいことが多いかと思います。

ノーコンタクト

 

結論からいうと『逃げる』というのが一番効果のある対処法とされていますが、どの専門家の方もおっしゃるのがノーコンタクトということなんですね。

 
これはほんまにほとんどの方がおっしゃるんですが『もしナルシストの相手をしているなら、接触しないべき!』ということなんですね。
 
ターゲットから関係を切られるとナルシストは焦ります。
 
なので彼らはターゲットが自分の元を去ることをかなり嫌うんですね。
 
ターゲットが自分から離れていくことは彼らにとって屈辱で、怒り狂ったりターゲットを全く尊敬しない行動を取り始めます。
 
例えば暴言を吐いたり中傷キャンペーンをして周りに悪い噂を流したり、脅したり意図的にターゲットを懲らしめようとします。
中傷キャンペーンとは
 
【中傷キャンペーン】周囲にターゲットの悪口を言ったり、毒を吐いてターゲットを陥れようとする行為
 
基本的に彼らが尊敬してくれる時は相手がエゴを養ってくれている時または自分の元に戻ってきてくれた時で、『相手を支配できている』と感じた時のみなんですね。
 
謝っているのは反省しているからじゃなくてまた操作したいからで、許してもらえた=許可を得られたという思考を持ちます。
 
許してもらえたことは彼らにとって『これでまた操れる』『許してもらえた!ラッキー』このように考えるんですね。
 
少しは罪悪感は感じても共感力に欠けているので心から『申し訳ないことをしたな』と感じることは少ないです。
 
『どうせまた許してくれるだろう』と問題を軽く考えていたり、許してもらって当然だと考えます。
 
彼らは許してもらうためには何でもするけど、許してもらったらまたすぐに以前の壮大で傲慢なナルシシズムの振る舞いを始めます。
 
ナルシストは自己陶酔を常に必要とします。
自己陶酔的な供給とは
 
【自己陶酔的な供給】ナルシストがエゴを養うのに欠かせないもの。褒め言葉、賞賛、注目やパワーを持っているような力強い気分、環境や誰かをコントロールできていると感じる気分など
 
自己陶酔を得られないとナルシストは怒りを見せ始めたり、落ち込んだり鬱っぽくなってしまいます。
 
なのでナルシストはターゲットが去っていくことを嫌います。
 
仮にナルシストの方からターゲットを離れることもありますが、それは自己陶酔のタンクが溜まっている状態の時なんですね。
 
自己陶酔のタンクが空になっている状態の時、ナルシストはターゲットに嫌がらせを行います。
 
これはわかりやすくいうと冷蔵庫の中に食料を補充してくれる人がいるとします。
 
その人を失ったらエネルギー源である食料が手に入らないんですよね。
 
なので冷蔵庫を開けても空っぽの状態です。
 
今まではターゲットなど誰かが自分のエネルギーを補充してくれていましたが、ターゲットを失うと自分でエネルギーを補わないといけないようになってしまいます。
 
例えば、自分でエネルギーを補わないといけないということは自分で車を用意して自分で車にガソリンを入れて、自分でお店まで行って食料を調達しないといけないということですよね。
 
ナルシストはそういう形で努力しないし、わざわざ自分を幸せにするために自分のメンタルを削ったりはしないんですね。
 
彼らがするのは相手を犠牲にして自分を幸せにするということで、それがエゴを養うということです。
 
逆にエゴを養えるんだったらどんな努力でもします。
 
だから性格が歪んでいるんですよね。
 
エゴのためには相手から吸い取れるだけ吸い取って容赦無く捨てます。
 
本当に残念なのがナルシストの毒親だったら平気でそれを自分の子供にするんですよね。
 
子供が犠牲になることもほんまに多くてナルシストのエゴを養う人がいないということはナルシストが困ってしまうことになるんですね。
 
例えばイネーブラーと言われる人は自分を犠牲にしてまでナルシストを手助けします。
イネーブラーとは
 
【イネーブラー】自分を犠牲にしてまで、ナルシストの問題行動をサポートする人
 
断ることができなかったり、彼らにうまく丸め込まれて利用されるだけの存在になってしまいます。
 
それが彼らが人をリスペクトしない理由で、イネーブラーが彼らの要求を断らずに何度も彼らの問題行動をサポートするから彼らはそれが当たり前だという感覚を持ってしまうんですね。
 
イネーブラー自身も感覚が麻痺してしまって何が正しくて何がいけないのか正しい判断ができなくなります。
 
このイネーブリングという行動を取らないことはナルシストにとって大きな打撃です。
 
もしナルシストがフライングモンキーに裏切られたり、自分の味方がなくなると高い確率で私たちの所に戻ってくることがあります。
フライングモンキーとは
 
【フライングモンキー】ナルシストのイネーブラー。ナルシストに成り代わって周囲に毒を吐く代理人
 
戻ってきた時はもちろん実際に起こった事実をナルシストの口から聞くことはありえないと思います。
 
過去にどんなひどいことをターゲットにして傷つけていてたとしても、こういう状況になったら操作しながら戻ってきて言い訳を繰り返します。
 
それがナルシストの性格の特性なんですね。
 
『もう一度やり直したい』と必死に訴えたりしますが、『そんな完璧な人っているの?』『あなただって〇〇してたんじゃないの?』
 
このような会話が繰り返され、ターゲットのことをリスペクトなんてしていないように感じられることもあります。
 
そもそも心を操ろうとしたり、人間関係を壊そうとしたり人が傷つくようなことを平気で言ってきた人がいきなり標的にしていた相手をいきなりリスペクトし始めることの方が難しいと思います。
 
『私たち家族じゃない』『あの時助けてあげたの覚えていないの?』『悪気はなかったんだ』
 
ナルシストはこういうことを言ってターゲットを取り戻そうとしますが、私はこのような振る舞いを受け入れるべきではないと思うんですね。
 
 
どんなにナルシストが相手にひどいことをしていてもやっぱりターゲットの方から関係を切られることを恐れます。
 
ナルシストがもっとも嫌うことはターゲットを失うことで、ターゲットを失うこと=負けのように感じるんですね。
 
この時ナルシストは劣等感とか恥を感じます。
 
ナルシストは相手の感情とか行動、人間関係をコントロールしたがるので、全ては支配欲から来ているんですね。
 
なのでターゲットが自ら立ち上がって力をつけて前に進み出すことを嫌がります。
 
相手についていけないのを心のどこかで感じているから、ターゲットを自分の元まで引き下ろそうとするんですね。
 
ターゲットに執着するのはターゲットをなくしたら新しいターゲットを探さないといけないのでフーバリングを必死に行います。
 
ナルシシズムの性格は誰かに噛みついたり、毒を吐いて人に毒を植え付けないといけないんですね。
 
ナルシストの内側で毒を作り出すと外に出さないといけないので、なのでターゲットに毒を与え続けます。
 
毒を植え付けられている時ターゲットは『その人は毒を持っている』ということに気づかないかもしれません。
 
でも毒が全身に回ってきたり、毒を吐かれ続けてしばらくしてから『この関係は有毒である』と初めて気づくんですよね。
 
ターゲットがナルシストと離れようとした時、彼らは間違いなく毒を吐いてくるので、その毒を浴びないように対策して自分を守る必要があります。
 
ナルシストは数少ないわけではなくいろんな所に潜んでて何度も出会ってしまうこともほんまに多いと思います。
 
相手がナルシストだと気づかないと自分を犠牲にして大事な労力や時間を無駄にしてしまうんですよね。
 
このような振る舞いを相手に受け入れさせることは彼らの望むもので、相手を混乱させて自分の欲しいものを得ようとします。

境界を設定し、距離を置く

 

大事なことは『二度と自分と会話をさせない』ということで、それはエゴを養えないことになるのでナルシストはかなり嫌います。

 
今までは過小評価してターゲットを低く見てたかもしれませんが、自分と言葉を一切交わさせない、こちらの好きなことをして生きるということがほんまに大事になってきます。
 
もし彼らに心を支配されていて抜け出したいと思っている方がいたら、まずは感情から切り離してみることをおすすめしたいと思います。
 
ネガティブなエネルギーを受け付けない、そして強いバリアを張って、彼らが何を言ってきても反応しないことです。
 
自分のために行動したり、自分の幸せを見つけること、そして自分のために歩き出して引き戻されそうになっても振り向かないことが鍵になんですね。
 
自分に起こったことを受け入れることが大切で、許す必要はないけど、事実を受け入れることは自分の心を癒すプロセスとしてとても大事です。
 
彼らから去ることを決心して気持ちを整理して初めて自分を癒すことができるんですよね。
 
『こういったタイプの虐待がある』ということをたくさんの人に知って欲しいと思いますし、もし周りに困っている方がいたら動画をシェアしていただけたらありがたいです。
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share