中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【マニピュレーター対策】他人を支配しようとするナルシストから自分の身を守る方法

他人を支配しようとするナルシストから自分の身を守る方法

 
ナルシストと出会って高い確率でされることと言ったら心理的操作です。
 
彼らは相手の心を操り自分の欲しいものを手に入れようとしてものすごく操作的なんですね。
 
なのでナルシストを相手している場合は彼らに操られて騙されないように対策する必要があります。
 
ナルシストから嫌がらせを受けている。
暴言を吐かれたり、酷く扱われている。
嘘をついてすぐに騙そうとしてくる。
離れたいのに泣きついて来て離れられない
 
など困っている方はかなり多いと思います。
 
そういった方達に向けて今日は『ナルシストに操られないためにできること』についてお話しします。
 
ナルシシズムの性格の本質や彼らと接する上での大事なポイントについてお話しするのでぜひ参考にしてみてください。

みなさんにお伝えしたいこと

 
本題に入る前にお伝えしたいことがあるんですが、『ブログでよく心理学の用語とか英単語が出てきてわからない』という方もいるかなと思ったんですね。
 
できるだけ納得していただきやすいように説明しようと心がけていますが、海外の心理学とか研究を参考に紹介しているとやっぱり英単語を出した表現の方が説明しやすいのかなと思うんですね。
 
あと実際に視聴者の方にも『英語を勉強するのが面白い』とおっしゃてくれる方もいて英語に馴染みがない方にも『こんなこともあるんだなと少しでも参考になれば良いなと思うし、英語でも用語さえ知っていれば自分で検索したりできるかなと思うのでできるだけたくさん紹介したいんですね。
 
どうしてかというと英語で調べたらナルシストの情報っていうのはかなり多いからなんですね。
 
そしてやっぱりこのブログを始めた理由が海外からの情報を発信したいということが目的で始めたんですね。
 
もしフーバリングとか自己陶酔とかわからない言葉があれば過去の記事を見てもらったら詳しく話しているのでぜひご覧になってください。
 
またコメントで気軽に質問していただけたら嬉しいです

ナルシストに操られないためにできること

周りの信頼できる人に相談する
 
今日のトピックは『ナルシストに操られないためにできること』ですが、まずガスライティングなど心理的虐待において一番大切なことは『相談すること』です。
 
結論から言うとナルシストが最も嫌がることは『自分の正体を晒されること』なんですね。
 
自分が尊敬している人に自分のやっていることがバレるのを恐れます。
 
嫌がらせを受けている場合、周りに被害を打ち明けることはほんまに大事なのでまずは信用できる友達や家族に相談することを忘れないで欲しいと思います。
 
こういったことを誰かに打ち明けることは勇気のいることかもしれませんが、1人で抱え込まずに解決策を見つけることはその辛い状況から抜け出すきっかけになります。
自分のせいだと自分を責めない
 
次にナルシストに騙されないように『これは自分のせいではないんだ』と自分に言い聞かすことです。
 
彼らはわざと自尊心を下げるような発言をして人を傷つけますしそれが彼らの戦略なんですね。
 
こちらが被害を第三者に打ち明けることは大変重要なことですが、私たちが知っておくべきことはナルシストは中傷キャンペーンをしてターゲットに嫌がらせをします。
 
【中傷キャンペーン】周囲にターゲットの悪口を言ったり、毒を吐いてターゲットを陥れようとする行為
 
これは彼らが周囲にターゲットの悪口を言ったり、毒を吐いてターゲットを陥れようとする行為なんですね。
 
彼らがターゲットを晒す時は嘘をついて話を作ったりわざと物事をもっと複雑なものにするんですよね。
 
それがナルシストのやり方でむしろ彼らは汚い手を使ったりそういうやり方を好みます。
 
なので『こういったことが起きる可能性がある』とか『実際にこういう戦術を使ってくる』『こういうサイクルがある』ということを知っておくことは心の準備ができたり構えることができます。
 
知っておくのと知らないのでは全然違うんですよね。
 
これがナルシストがやる心理的操作だと知っておけば、こちらが騙されることは間違いなく減りますし、被害を最小限にすることができるはずです。
 
どうしてかというとナルシストは被害者のふりをして罪悪感を植え付けてきたり、Love bombingという心理テクニックでターゲットを自分に惹きつけて離れさせないようにするんですね。
 
【Love bombing】ナルシストの精神的虐待のサイクルの第一段階で、大袈裟な愛情表現とも言われる。
ナルシストがターゲットを自分に魅了させるためによく使う戦術で、たくさんの褒め言葉やプレゼントなどをターゲットに与えたりする。
 
これらの戦術を状況によって使い分けてターゲットの感情をコントロールしようとするので、まずはそれが心理的操作だと気づくことがその関係から抜け出す大きなきっかけになります。
 
そういった意味ではこういった動画は私にとってものすごく役に立ったんですね。
 
まず気持ちの整理もできたし、どういうことが起きていたのか心理的なメカニズムなど根本的な原因が理解できたんですね。
 
そして彼らが操ろうとしてきても『罠』だと知れたし、どうするべきか冷静に判断できるようになったんですよね。
 
当時は操られて判断力が下がっていましたが、今では良いことなのか悪いことなのか区別できるようになったし、仮にナルシストが引き戻そうとしてもどのように対応すればいいのか今はわかるので、こういった動画を自分で調べて、ナルシストの言うことじゃなくて自分の信じたいことを信じるってものすごく大切だと思うんですね。
 
『離れたいけどどうしたらいいのかわからない』という方も多いと思いますが、気持ち的には離れていても、物理的に離れていないから問題が解決しないことがほとんどなんですね。
 
もしくは別れた後物理的に離れていても、感情的に離れていないからメンタルが不安定のままのことが多いです。
 
ナルシストとの関係から完全に抜け出すには感情的にも物理的にも離れる必要があります。
 
もちろん家族とかパートナーの場合、共依存の関係に陥っていたりいろんな事情がありますし離れることが難しいかもしれません。
 
【共依存】相手を支配したり、人から頼りにされることに依存し、ともに依存することを可能にしている状態
 
でも攻撃的なナルシストと一緒に過ごしている場合、彼らにとってターゲットを騙すことや傷つけることは彼らの生活の一部になっていて、それが当たり前になっている状態なんですよね。
 
関係を絶っても問題ない相手であれば思い切って逃げる勇気を持つこともほんまに大事やと思います。
 
 
共依存の関係に陥っている場合はナルシストじゃなく他に焦点を当てて人脈を増やしたり、自分を取り戻すことに努力することできっとメンタルが回復します。
 
瞑想とかヨガとか運動などなんでもいいので小さなことから始めます。
 
自分からエネルギーを奪う人に集中するんではなくて、自分を成長させてくれる前向きな何かに没頭することで、心理的に操作されずメンタルを保つことが可能です。
 
私も経験があるから言えることですが、精神的に攻撃されている時は精神も体力も消耗させられてて、こういったことに気づけないんですよね。
 
これは自分のマインドをコントロールするなどテクニックとかそんなことではないんですね。
 
ナルシストがターゲットにした人の心をコントロールしようとしていて、それに反応するから操られてしまう結果となります。
 
ナルシストの目的は支配することなのでコントロールされないためには反応しないことが一番なんですね。
 
 
ナルシストが築く人間関係は勝ち負けで彼らは絶対に勝たなければいけないし、勝たなければ気が済まないんですよね。
 
彼らは勝つまでとことんやるし、こちらが勝とうと反撃するとトラブルを招く可能性がめっちゃ高いです。
 
勝とうとしないことと、自分は自分のペースで努力すればいいし、相手しない方が身のためだと思います。
 
仮に彼らが折れてこちらを勝たせてくれたとしてもナルシストはもう一度戻ってくる可能性が高いです。
 
心に病を持った人は、こういう風に他人に執着して仮面を被って近づいてくるんですよね。
 
ターゲットを自分の元に戻って来させるためには平気で嘘もつくし、涙も流すし、周りの人も使うし、演技もするんですね。
 
『あれ、どうしてこの人を操られないんだ?』と感じた時、彼らは焦り始めることが多いです。
 
相手をコントロールできないということは与えてもらえると思っていた自己陶酔が得られないということなんですね。
 
自己陶酔を得られないことはナルシストにとって屈辱で、エゴを養うために人に執着するからフーバリングをするんですね。
 
【フーバリング】ナルシストの虐待サイクルの第四段階。ナルシストが離れていったターゲットをもう一度捕まえようとすること
 
なので自己陶酔的な供給をしないことが鍵になってきます。
 
【自己陶酔的な供給】ナルシストがエゴを養うのに欠かせないもの。褒め言葉、賞賛、注目やパワーを持っているような力強い気分、環境や誰かをコントロールできていると感じる気分など
 
またナルシストに狙われることは決して悪いことではないし、実際に共感力の高い人がターゲットになりやすいと言われています。
 
もしくは価値のある人を狙います。
 
価値のない人からは自己陶酔を得られないので、共感能力の高い思いやりのある優しい性格を持った人をあえてナルシストは好むんですよね。
 
なので『自分は少し共感力が高いな』と感じる方は、狙われないように強い境界を作らないといけないことがあります。
 
これはナルシストである人物に対して意地悪になるべきという意味ではなく、自分の身を守るためにできないことははっきりと断ったり、ナルシストに利用されないように『自分のメンタルを守る』ということなんですね。
 
『苦しい思いをしたり辛いことを耐えてまでその人といる価値があるのか』少し離れたところでゆっくり考えてみます。
 
その人がナルシストでなかったとしても、その人との関係は自分にとっていいものなのか悪いものなのか自分の頭で考えてみることを心がけます。
 
その人がどんなことを言って謝ってきても周りの人が『あの人は反省したよ』と言ったとしても、変わっていないんだったらこちらは『会わない』という選択をすることができます。
自己陶酔的な供給をしない
 
ナルシストはパートナーに対して無限の自己陶酔的な供給を期待します。
 
終わりのない供給を要求され、ナルシストは無償の愛を欲しがります。
 
彼らにターゲットにされて利用されるということは相当な時間を費やして、時間も努力も苦労も無駄になることもあります。
 
常に自分を疑っているか、相手の顔色を伺って機嫌を取っているか、騙されているのか不安になったりして、ナルシストと築く関係は常に何かを推測しているような形なんですね。
 

『自分がなんか言ってしまったんじゃないのかな』『怒らせてしまったかな』『自分がいけなかったのかな』『今回はちゃんとしてくれるかな。大丈夫かな』『また裏切られるんじゃないのかな』

 
このように常に不安に駆られたり、ナルシストとの関係はものすごく不健康で健康的なメンタルを持った人にとって有害なことがあります。
 
でもナルシストは自分の問題だと自覚していないので、それを改善することはできませんし、仮に被害者は『いつか変わってくれる』と期待していてもナルシストはいつまで経っても一向に変わる気配がないことがほとんどです。
 
むしろそのターゲットが持っている脆弱性をうまく利用して人を騙します。
 
なので本当にターゲットが『この人は関わると有毒だ』と気づいた頃には、完璧に毒を植え付けられて逃げにくい状況にいたりします。
しっかりと自分の信念を持つ
 
そうならないようにしっかりと自分のマインドセットを組み立てておく、そして彼らに惹きつけられないような人になることが大事です。
 
相手を操作できなくなるとナルシストは操れなくなったターゲットに惹かれなくなり、次のターゲットを探さざるを得なくなります。
 
でもその自己陶酔が合わないとナルシストは必ず自分の元に戻ってくるんですよね。
 
その時に彼らに引き戻されないような強い境界を設定している場合、ナルシストはターゲットをコントロールできないのでターゲットが自立して前に進んでいることを嫌います。
 
彼らはコントロールし支配して自分の思うようにターゲットを操りたいんですね。
 
それができないとコントロールのバランスを失い、それはナルシストが一番嫌うことです。
 
彼らに狙われた時、必ず自分が元々持っている自由を持ち続けることを忘れないことです。
 
縛られないように自分をその関係とトラウマから解放してあげることを心がけます。
 
支配をする人はターゲットから平気で自由を奪うし、人の権利さえも無視をするので、言いなりにならないことを忘れない、そしてその関係から抜け出すにはどうしたらいいのか自分で考えることが大事です。
 
考え方の歪んだ嫉妬狂った人をまともに相手する必要はないと思うんですね。
 
そして間違いなく言えることはもし自分がターゲットになっていなかったらナルシストはどこかで他の誰かをターゲットにして嫌がらせを楽しんでいるということなんですね。
 
ナルシストは人のために尽くしたり、素直に喜んだりできません。
 
何かと揉めようとして意図的に何もかも台無しにしようとしますが、最初仮面を被っているから、始め会った時は親切で良心的な人にしか見えないことが多いです。
 
仮面を外すまではその人がナルシシズムを持っていることに気づけないんですよね。
 
でもどんなに見かけがよくても本性を見せ始めたら、その人間関係や家庭が機能不全になるまで壊そうとします。
 
ナルシストはどれだけターゲットが苦労したとか、どんなに辛い思いをさせてしまったということは気にしないんですよね。
 
気にしているのは自分がどれだけ自己陶酔を得られるか、それだけでエゴを養うことが全てです。
相手が変わることを期待せず、長いスパンをかけて様子を見る
 
これは相手に直接伝える必要はないですが『あなたがそのような振る舞いをするなら会いたくない』『本当に変わる気があるのであれば、あなたが反省して態度を改めた1年後、3年後、5年後に会いましょう』というマインドセットを持ちます。
 
傷つけられ、謝られて、振り回されている状態が続いているのであれば、思い切って離れてみようと見切りをつけることも大切です。
 
もし何年か後にあって同じようにナルシシズムの振る舞いを見せているのであれば、それだけの人なんだということなんですよね。
 
自分を犠牲にしたり、ナルシストの手のひらの上で踊らされないように、自分は自分がやりたいことやナルシストのせいでできなかったことなどを楽しむことです。
 
自分の利益ばかり考えたり、人の足を引っ張ったり、感謝せずに文句や悪口を言う人これらの関わると自分にとって害にしかならない人と縁を切るべきか見極めることで、それ以上に信頼できる人とも出会えるきっかけになったり、人生がもっと豊かになるはずです。
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share