中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【人間関係/精神的虐待】有毒な関係から抜け出すべきサイン

有毒な関係から抜け出すべきサイン

 
みなさんは誰かに傷つけられた時、いつその関係から抜け出すべきだと思いますか?
 
誰かが自分にひどいことを言ったり、ひどいことをしてきた時みなさんはその人から離れようとしたり縁を切ろうとしますか?
 
それとも我慢しますか?
 
カップルや友達だけではなく今日はいろんな状況においてその人物との関係が自分にとって有害なものなのか、そしていつその有毒な関係から抜け出すべきなのかについてお話しします。
 
 
 
この有毒な関係というのは英語でToxic relationshipと言われています。
 
これは友人、家族、職場の人など付き合っているカップルだけであると限らないんですね。
 
もし誰かと有毒な人間関係を持っている場合、相手が協力的ではない、侮辱されている、自尊心を傷つけられているようなネガティブな感情を抱くようになります。
 
始めはその関係がうまくいっていたとしてもだんだんとその人の様子が変わっていくことも多いです。
 
有毒な人と関わると、『この人なんかおかしい』と自分が気付いた頃にはすでに毒を植え付けられてエネルギーを吸い取られ精神的に疲れてしまっていたりします。
 
有毒な関係にいる場合私たちが受けるネガティブな影響はかなり大きいものだと言えます。
 
今から有毒な関係から抜け出すべきサインを紹介するので、これらのサインが当てはまる人が身近にいる場合は少し注意するといいかもしれません。

虐待的

 
これは精神的にも身体的にもです。
 
暴力はもちろん、言葉の暴力など暴言を吐かれていたり精神的虐待を受けている場合は間違いなくその関係から直ちに抜け出すべきだと思います。
 
よく虐待的な関係から抜け出せない方で『暴力は振われていないから』とおっしゃる方が多いですが、それは離れたくないから言い訳を作っていることだと言う人も多いです。
 
抜け出すのが怖い=暴力を振われるかもしれないからというケースも多く、虐待的な関係から抜け出すことは本当に難しいです。
 
必ずしもいつも女性だけが被害者ということではなく、男性が女性からストーカー被害に遭ったり脅されるケースも少なくないんですね。
 
虐待する人は忠誠心を持っていません。
 
忠誠心というの忠実で正直な心という意味で、彼らは心からまじめで相手に尽くすことは絶対にしません。
 
有害な人は他人の幸福度や自尊心を下げ、被害を受けた人は精神的にも身体的にも疲れてしまいます。
 
パートナーや誰かが虐待的な場合は、自分の身を守る為に安全な場所へ非難することです。
 
1人でどうにかしようとか解決しようとせずに、ヘルプが必要な時は公共の機関など頼れるところがたくさんあるので、状況が深刻な場合は計画してすぐに逃げるべきだと思います。
 
虐待的な人はマニピュレーターであることが多く、とても操作的で彼らの価値観などを長い間植え付けられている場合、被害者は正しい判断ができなくなることがあります。
 
信用できる人に相談したり第三者に打ち明けることは本当に重要だと思います。
 
どういたらいいのかわからないと混乱している方も、誰かに相談することで解決に繋がったりするはずです。
 
毒親やモラハラのパートナーから暴言を吐かれて精神的に耐えられなかったり、身の危険を感じるのであればそれは虐待を受けている可能性が高いと思います。
 
実際にこういった状況にいる時によくそれが虐待だと判断することができない方が多いみたいです。
 
でも早い段階で気づく方がいいと思うので、虐待を受けているのであればまず逃げ出して欲しいと思います。

支配的な関係である時

 
自分がやりたくないことを強要されたり、それを実行しないと脅されているように感じたらそれは立派な虐待です。
 
これはするべきではない不適切なこと、危険なことを無理矢理させられるといったことです。
 
こういった支配的な人は小さな要求から始め、『この人は使える』と感じたら次々に大きい要求に繋がっていきます。
 
コントロールや支配されているように感じたり、自分に無価値さを感じる場合、その関係は有毒なものだと言えると思います。
 
何か2人で話し合って決めることとはまた違い、『この人の許可がないと自分のやりたいことができない』『これをしたいんだけどもししてしまったら相手にどう言われるかわからない』など否定的な考えを持ってしまい、『自分には決める権利がない』このように感じるのであれば相手は自分を支配しようとしているかもしれません。

尊重されない

 
その人物と話し合うことも困難だったり、自分の気持ちや意見、意思を伝えることが難しい、または自分の感情を押し殺さないといけないように感じるのは本当によくないと思います。
 
有毒な関係では自分がやりたいこと、自分の思っていることや感じていること、自分の言いたいことが尊重されず、それら自体を馬鹿にされたり侮辱されたり笑われたりひどい扱いを受けます。
 
相手が『気に入らないから』といった理由で、否定され相手の価値観を押し付けられたり相手の思い通りにいくように自分は行動しないといけないように感じます。
 
有毒な関係では彼らが望むものが全てでこちらの意見は通らない、尊重されない、理解されないといったことがあります。
 
話しあう必要がある状況で有毒ではなく健康的な関係であるならば
 
『話したいことがあるんだけど聞いてくれる?』
『うん、どうしたの?』
『〇〇が〇〇だからこう思うんだけど、どう思う?』
『僕はこう思うけど』
『そっか。じゃあこうしよっか』
 
と会話がスムーズに進むはずです
 
仮にお互い違う意見を持っていたとしても、口論ではなく議論することができ最終的に合意したり正直に意見を述べることができます。
 
一方で有毒な関係は相手は被害者の意見が自分の気に入らないものだと聞く耳を持ってくれなかったり理解しようとすることはないんですね。
 
彼らの心理を探ると結局は自分のエゴが大事で自分の欲求が通らないことは彼らにとって腹立たしいものです。
 
自分中心で自分勝手な人が人に嫌がらせをして傷つけます。
 
英語でHe/she doesn't deserve youという言葉があるんですが、
 
これは『彼/彼女はあなたに値しない』という意味なんですが、
 
彼/彼女はあなたにふさわしくない
彼/彼女はあなたといる価値がない
彼/彼女はあなたといる権利がない
彼/彼女はあなたといるべきではない
 
という意味が含まれていて、このフレーズは会話中にもよく使います。
 
ダメ男にハマってしまった友達とかにYou deserve betterとか『君にはもっといい人がいるよ』みたいな意味合いで使われます。
 
このdeserveには『価値がある』という意味があって例えばみなさんには価値があるから、このような言葉の表現が使われるんですね。
 
何が言いたいのかというと有害な人は相手をリスペクトできないので無価値さを感じさせたり人を粗末に扱います。
 
誰かと意見が合わないことはよくあることですが、有毒な人は『そんな考え方はおかしい』『それは間違っているんじゃない?』と常に言ったり、『人はそれぞれ違う価値観を持っている』ということを全く理解していません。
 
意見を述べることと意見を押し付けることは全く別だと思いますし、『私たちは違う意見を持っているね。なるほど、私はこういう風に思うけど、そういう考え方もあったのか。あなたはこういう理由でそういう風に思うんだね』ということは絶対に考えません。
 
議論する際に反論することは必要なことですが、彼らは相手の意見に対し侮辱的で、馬鹿にするような態度を取り相手を不快にさせます。
 
相手の気持ちや事情を考えずに自分の思い込みだけで物事を判断したり、相手が違う価値観を持っているといった理由でその人を嫌います。
 
こういった批判的な人が結婚相手だとうまくやっていくのは難しいし、口論が増えたりストレスを溜めてしまうと思います。
 
なので自分の意見さえも相手に伝えられないと有毒な関係である可能性が高いです。

ネグレクト

 
放棄、孤立されている、自分の要求を無視されているように感じたらその関係はよくないものだと思います。
 
これはカップルや夫婦間、友達、親子、職場などいろんな状況で言えます。
 
ネグレクトはどんな状況でも絶対によくないことでこれはその義務を果たさずに放棄することを指します。
 
育児だけではなく家族や仕事に対しても使われ自分の責任や相手の要求を無視したりその役割を放棄していることです。
 
カップルや夫婦の場合でも同じことが言え、パートナーが自分の要求に答えてくれない『忙しい』と言って無視されているなどの状況は少し注意するといいと思います。
 
仕事など事情があり忙しくて全く時間が取れないとなると話は別になってきますが、それが健康的な関係だとパートナーはどんなに忙しくてもあなたのためにわざわざ時間を作ってくれると思います。

嘘を繰り返す

 
嘘をつき続けるということはその関係から抜け出すべき大きなサインだと思います。
 
約束を何回も破ったり、何度も嘘をつくならその人は嘘つきだと判断してもいいと思います。
 
よく嘘をつく人の言うことは全く信用性がないし、一度、二度裏切られたことがあるなら信じずに縁を切った方が自分の為になります。
 
病的な嘘つきは嘘をつくことが癖になっていて嘘をついているという自覚がありません。
 
正直で誠実な人といた方が絶対に自分のためになるし、嘘つきといてもメリットはないと思います。
 
嘘をつく人は他人の脆弱性を利用します。
 
脆弱性というのは人が持つもろく弱い部分のことで、有毒な人は他人の弱っているところを狙って騙そうとします。
 
誰かが困っている時など弱みに漬け込んで人をたぶらかすので、思いやりのある共感力の高い人は気をつけて欲しいです。
 
ちなみにナルシストやサイコパスはこの手をよく使います。
 
始めはものすごくいい人で親切で協力的なことが多いです。
 
でもそれは彼らの戦術でそれをよく理解して対策することが大事です。

感謝されない

 
旦那さんや奥さん、彼氏、彼女、家族、友達、職場の人などに感謝されない、自分自身を尊重されないと感じる場合です。
 
例えばご飯を作った時、何かプレゼントしたり相手に何かをしてあげた時、相手がそれを当たり前のように思っていたり、自分の努力や大変さ、苦労を理解せずに、リスペクトがない時です。
 
例えばいい人のふりをして近づいてきて自分のほしいものを手に入れたり目的を達成したらすぐにその場を去ったり、自分を気にかけてくれない人は関わっても得をしない人です。

利用されている時

 
相手がこちらの都合も考えずに自分の利益ばかり考え、不当に利用してくる時です。
 
相手の要求がエスカレートしてもっと相手が望むものを与えるように強要されたり、口が上手く操作的な人に騙されている時は自分が騙されていることに気づけないことが多いと思います。

孤立させられているように感じる

 
実家に帰ったり、家族や友達に会うことを嫌がったり『他人より自分を優先してほしい』と強く要求し、周りの人と引き離そうとしている場合要注意が必要です。
 
これは彼らが人を支配する方法でターゲットを孤立されることでターゲットは相手に頼るしかないのでもっと支配できると考えるんですね。

脅してくる時

 
聞きたくもないことを言って脅迫してきたりするならその関係からすぐに抜け出し、その人と関わらないべきだと思います。
 
ひどい言葉で脅してきたり『〇〇しないんだったら〇〇だからね』と怖がらせたり不快させることを言ってくるのであればその人は間違いなく有毒です。
 
このタイプは被害者のふりをして相手に罪悪感を植え付けて人の感情をコントロールしようとします。

ネガティブな発言が多い

 
常に誰かの悪口を言っていたり、ネガティブな発言が多い人は関わっていても得をすることはないと思います。
 
私はネガティブは伝染すると思うのでこういったタイプと関わると自分の成長の妨げになったり、時間の無駄だと思います。

有毒な関係と健康的な関係の違い

 
最後に有毒な関係と健康的な関係の違いを紹介したいと思います。
 
これらのサインを知っておくことは有毒な関係を回避するためにとても重要で、自分がその人と適切な関係でいるのか判断することができると思います。
 
有毒な関係
  • Insecure 不安定
  • Jealous 嫉妬
  • Negative ネガティブ
  • Self-centered 自己中心的
  • Selfish わがまま
  • Critical 批判的
  • Demeaning 見下す
  • Distrusting 不信
  • Abusive 虐待的
  • Disrespectful リスペクトしない
 
健康的な関係
  • Secure 安心感
  • Loving 愛する
  • Positive ポジティブ
  • Giving 与える
  • Selfless 尽くす
  • Encouraging 元気や勇気を与える
  • Uplifting 励ます
  • Trustworthy 信頼できる
  • Compassionate 思いやりのある
  • Respectful リスペクトする

身近に有毒な人がいたら?

 

皆さんの周りにこのような毒を持った人はいますか?
 
有毒な関係にいる場合、自分のメンタルを守る為、そして彼らから毒を植え付けられる前にすぐに逃げて欲しいと思います。
 
関係を切ることができない状況も多いと思いますが、支配されないように利用されないように騙されないように上手に距離を取って、早い段階で境界を作ることをおすすめします。
 
深い関係になってしまったら離れることがより難しくなってしまうので早めに関係を絶ってしまうのがポイントです。
 
いきなりブロックや無視できない場合は連絡を控えたりしてやり取りを制限することです。
 
そして自尊心を下げられたりメンタルを疲労させられている可能性が高いので、必ずセルフケアを忘れないで欲しいと思います。
 
瞑想を行ったり自分の時間を大切にしたり好きなことをして気持ちを落ち着かせたり、自分自身に取り組むことに集中します。
 
自分の気持ちが幸せになるようなことを見つけて、その時間を有毒な人ではなく自分のために使うことを優先し、少しずつその関係から抜け出したりトラウマを乗り越えることはこのような有毒な関係においてとても重要です。
 
今自尊心を高める方法やトラウマを克服する方法についての動画を作成しているので完成次第すぐにアップするのでお楽しみにしていてください
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!

 

【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share