中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【意地悪な人の思考回路を解いてみた】悪口を言うナルシストの心理とは|投影

【意地悪な人の思考回路を解いてみた】悪口を言うナルシストの心理とは|投影

 

みなさんは自分が悪くない状況でナルシストから責められ心を踏みにじられたり、勝手な決めつけでレッテルを貼って悪く言われたという体験をしたことはありますか?

大して仲良くないし自分のことをよく知らない人に粗探しされ批判されたり、けちをつけられて嫌な思いをすることって少なくないですよね。
 
今日は『悪口を言うナルシストの心理状態』について解いていこうと思うので、
 
『ナルシストに否定的なことを言われて不快な思いをした!でもどうしてあんなこと言われたのか納得できない』
『まず一体どうしてナルシストは人を侮辱するの?』
 
という疑問を抱いておられる方は『なるほど!そういう心理でナルシストは非道徳的な行いを繰り返すのか!』と彼らの心理状態がどういったものであるのか理解していただけると思います。
 

投影とは

 
このチャンネルではモラハラの正体とか、意地悪な人、ナルシストの特徴や行動について詳しく紹介しています。
 

【モラハラ】モラルハラスメントの略。暴言を吐いたり人格否定をして、精神的に相手を追い詰める行為

 
基本的に『扱うのが難しい人をどのように対処すればいいのか』自己愛の強いナルシストについての知識を深めるための情報をみなさんにお届けしているわけなんですが、モラハラやパワハラなどの嫌がらせをする『モラルが欠けている人』に焦点を当ててお話ししているんですよね。
 
このモラルっていうのは道徳という意味で、このチャンネルでお話ししている人はモラルがない人たちで、大抵の場合他人に対して攻撃性を持っています。
 
しかも、この攻撃性というのは状況によって隠していたり、ナルシストは本性を見せずにじわじわと攻撃してくることも比較的多いかと思います。
 
では、ナルシストがどうして人の悪口を言ったり他人に精神攻撃をするのかについてお話ししていきたいんですが、結論から言えほとんどのナルシストが投影というものをしているからなんですね。
 
みなさんはこの投影という言葉はご存知でしょうか。
 
私はナルシストのことについて学ぶまで全く知らなかったんですが、投影というのは心理学で
 
【投影】自分の中にある受け入れたくない不都合な感情や衝動を、他人のものだと思い込むこと
 
のことを言って英語ではProjection(プロジェクション)というんですね。
 
例えば、誰かのことを嫌っているとして他人を嫌う自分の感情を認めたくないので『相手が自分を嫌っている』と自分の感情を相手に押し付けて自分の否定的な感情を相手に移すこと
 
これを心理学では投影とされているんですが、
 
このプロジェクションというのはプロジェクターと同じ意味で、要するにナルシストなど投影をする人はプロジェクターのように自分にとって都合の悪い問題を勝手に相手の問題にうまく変換するんですね。
 
ちなみにナルシストじゃなくても投影をしますし、完璧な人はいないので文句を言ったり不満をぶつけてしまうことは当然やと思います。
 
ただこのナルシストの投影というのは精神的虐待などモラハラやパワハラ、また子供への支配などに繋がっていくので、人に悪影響を及ぼすことがあるんですね。
 
投影について動画で解説しています
 読みたい方はこちら

投影をするナルシストの心理

 
投影をするナルシストの心理というのは、簡単に言えば完璧主義のナルシストは他人と自分自身を比較しているんですね。
 
他人を褒めたり認めるということは、自分の成果や存在を否定をしているように感じてしまうので、他人に投影をして自分の弱点を隠します。
 
逆に投影をされるということはナルシストの自尊心のバランスを調節するためや攻撃材料として利用されているということになり、相手を責めると自分がもっとましな人間だと感じれるので投影をするんですね。
 
完璧な人なんていないし、誰でも失敗しますよね。
 
ただナルシストの場合は『ミスをする自分は許せないし、完璧でありたい』という気持ちが歪んで、自己重要性がまるで風船が膨らむかのように肥大していくわけなんですね。
 
プラス自己愛が強く、それを察知することはナルシストにとって非常に難しいことだったりするので、相手に暴言を吐いたり傷つくことを言って、自分の気持ちを楽にさせることをまず優先させます。
 
感覚が少し麻痺している状態だとも言えますが、例えばわかりやすい例があって『隣の芝日は青い』っていうことわざがありますよね。
 
このことわざのようにナルシストは特に他者のものは自分のものより、よく見えるんですね。
 
そんな訳で、彼らはマウンティングや自慢などそういった行為に繋がり、他の人が自分よりも優れて見えるナルシストは『もしや自分は欠点だらけなんじゃないのか』と心のどこかで潜在的に自分を責めて、それを認めるのが嫌で嫌で仕方がないので、逆に目の前にいるターゲットにした相手の欠点をつっつくんですね。
 
自分の欠点を目立たないようにするためにわざと表に出さず、自分ではなく相手の欠点を責めることで、相手のだめなところに集中できて自分の弱点や問題と向き合わなくていいので投影をして悪口を言っている、そういった心理状態なんですね。

注意するべきタイプの人

 
次に注意するべきタイプの人について簡単にお話ししたいんですけれども、例えば余計なお世話で良かれと思って、いちいちいらんことを言ってくるタイプもいますが、相手の立場からするとかなり迷惑なことだったりするんですよね。
 
投影で考えられるのはまず自分のことは自分が一番知っているようで、実は自分のしていることは本人が一番気づいていないことがほとんどで、例えば例を出すと正義感から投影をしているタイプがよくいる訳ですよ。
 
みなさんの知っている人で『あなたのためを思って言っているんだからね』って言うタイプの人はいますか?
 
ただこちらからすると頼んでもいないし、ありがた迷惑なことだってありますし、こういうタイプの人は善意を見せて相手に罪悪感を感じさせて、自分の思い通りにコントロールしようとする人なので注意する必要があると思います。
 
こういう善意を見せてこちらが断ると罪悪感を植え付けてくるという迷惑なタイプの人は、自分が相手を不快にさせていることとか気づいていないし、発言する前に『これを言ったら相手が嫌な気分になるかな』って考えることは難しいんじゃないかなと思います。
 
 
良かれと思って言っている発言でも相手からしたらいい気はしないし、まず余計なお世話だったりするし、ただこのタイプは相手の欠点とか悪いところにすぐ目がいってしまうので、黙っておけずに相手の問題を取り上げて自分の問題を解決しないんですよね。
 
ナルシストの求めている自分と現実の自分は全く違ったりします。
 
目標に向かって努力をするのと、相手の欠点を突っついて侮辱して自分の価値を確かめるのは全然違うと思いますが、意地悪なことを言ってくる人はそういう心理で、しかも無意識に相手を傷つけたりしているので、自分が相手の心を傷つけているなんて自覚していないことの方が多いと思います。
 
人を傷つける人は頭で考えていることを全部言葉として発してしまうので、感情をコントロールしたり相手に共感するのが苦手なんですね。
 
相手に共感できないので『これを言ったらこの人は嫌がるだろうな』って言葉として発する前に気づけないので、平気で毒を吐いたり相手の嫌がることを繰り返してしまいます。
 
でも自分が何か同じような嫌なことを誰かに言われたら、『こんなこと言われたんだけど、信じられない!』と言って騒ぎ立てるのがナルシシズムの強い人の傾向なんですよね。
 
投影をされた時ストレスを溜めないために『この人はありのままの自分を認めることができなくて、等身大の自分を受け入れることができないんだ』ということを理解すると、毒を吐かれても全部間に受けずに受け流すことができます。
 
また自分が誰かに投影をしてしまった時や、すぐに投影をしてしまう場合は完璧主義にならなくてもいいし、自分は自分なんだと自分自身を受け入れる必要があります。
 
私自身、日常的に『他人は他人だし、自分は自分だ』ということを言い聞かせることを忘れないように心がけていますし、他人を操ろうとするんではなくて、自分が変わる努力をすることの方が大事だと思うんですね。
 
やっぱり他人と比較している人、他の人にばかり集中している人の大半はいつも不満を言っていたり、自己肯定感が低かったりどこか幸せじゃないんですよね。
 
そして、善意で他人をコントロールしようとしてくる人と遭遇することも多いかと思いますが、悪気ないからと言っても良くないことだと思うので、
 
『この人は他人との間にしっかり境界線を引くことができないんだな』『他人を尊重できない自己愛の強い人なんだな』
 
とあっさり受け入れることが必要かなと思います。
 
他人と境界線を引けない人は、他人との距離感がわからないんですね。
 
他人と距離感がわからないということは、言っていいことと悪いことの区別ができないので、そういう人の言ってくることは間に受けなくても大丈夫です。
 
『こうした方がいいのに』と言ってこられたとしても、単に相手の八つ当たりにしか過ぎないわけなんですね。
 
それは表面的な薄っぺらいアドバイスでしかないので、まず相手がナルシストかどうか見極めることが肝心です。
 
本当に私たちのためを思ってくれているのであれば、陰で批判したり向こうが優位になるように、またはこちらを陥れるためのアドバイスではなくて、私たちのために役立つ肝心な点を、丁寧に明確に伝えてくれるはずです。
 
自分のメンタルのために人に毒を吐くのではなく、相手を喜ばせるための行動を取る自分にとってポジティブな人と関わりを持つことが、自分を成長させるために重要だと思います。
 
メンバー限定配信ではそんな投影をして悪口を言ってくる『ナルシストのスミアキャンペーンに対処する方法』について話しています。これはフライングモンキーへの対処法としても有効です。
 
概要欄に動画のリンクが貼ってあるので、興味のある方はぜひメンバーシップに参加してご覧になってください。
 
身近に『この人自己愛が強いな』と感じる人がいる場合は、あるいくつかのことに注意することで自分を精神的虐待の被害を受けることから守ることができます。

 

投影とは

 
このチャンネルではモラハラの正体とか、意地悪な人、ナルシストの特徴や行動について詳しく紹介しています。
 

【モラハラ】モラルハラスメントの略。暴言を吐いたり人格否定をして、精神的に相手を追い詰める行為

 
基本的に『扱うのが難しい人をどのように対処すればいいのか』自己愛の強いナルシストについての知識を深めるための情報をみなさんにお届けしているわけなんですが、モラハラやパワハラなどの嫌がらせをする『モラルが欠けている人』に焦点を当ててお話ししているんですよね。
 
このモラルっていうのは道徳という意味で、このチャンネルでお話ししている人はモラルがない人たちで、大抵の場合他人に対して攻撃性を持っています。
 
しかも、この攻撃性というのは状況によって隠していたり、ナルシストは本性を見せずにじわじわと攻撃してくることも比較的多いかと思います。
 
では、ナルシストがどうして人の悪口を言ったり他人に精神攻撃をするのかについてお話ししていきたいんですが、結論から言えほとんどのナルシストが投影というものをしているからなんですね。
 
みなさんはこの投影という言葉はご存知でしょうか。
 
私はナルシストのことについて学ぶまで全く知らなかったんですが、投影というのは心理学で
 
【投影】自分の中にある受け入れたくない不都合な感情や衝動を、他人のものだと思い込むこと
 
のことを言って英語ではProjection(プロジェクション)というんですね。
 
例えば、誰かのことを嫌っているとして他人を嫌う自分の感情を認めたくないので『相手が自分を嫌っている』と自分の感情を相手に押し付けて自分の否定的な感情を相手に移すこと
 
これを心理学では投影とされているんですが、
 
このプロジェクションというのはプロジェクターと同じ意味で、要するにナルシストなど投影をする人はプロジェクターのように自分にとって都合の悪い問題を勝手に相手の問題にうまく変換するんですね。
 
ちなみにナルシストじゃなくても投影をしますし、完璧な人はいないので文句を言ったり不満をぶつけてしまうことは当然やと思います。
 
ただこのナルシストの投影というのは精神的虐待などモラハラやパワハラ、また子供への支配などに繋がっていくので、人に悪影響を及ぼすことがあるんですね。
 
投影について動画で解説しています
 読みたい方はこちら

投影をするナルシストの心理

 
投影をするナルシストの心理というのは、簡単に言えば完璧主義のナルシストは他人と自分自身を比較しているんですね。
 
他人を褒めたり認めるということは、自分の成果や存在を否定をしているように感じてしまうので、他人に投影をして自分の弱点を隠します。
 
逆に投影をされるということはナルシストの自尊心のバランスを調節するためや攻撃材料として利用されているということになり、相手を責めると自分がもっとましな人間だと感じれるので投影をするんですね。
 
完璧な人なんていないし、誰でも失敗しますよね。
 
ただナルシストの場合は『ミスをする自分は許せないし、完璧でありたい』という気持ちが歪んで、自己重要性がまるで風船が膨らむかのように肥大していくわけなんですね。
 
プラス自己愛が強く、それを察知することはナルシストにとって非常に難しいことだったりするので、相手に暴言を吐いたり傷つくことを言って、自分の気持ちを楽にさせることをまず優先させます。
 
感覚が少し麻痺している状態だとも言えますが、例えばわかりやすい例があって『隣の芝日は青い』っていうことわざがありますよね。
 
このことわざのようにナルシストは特に他者のものは自分のものより、よく見えるんですね。
 
そんな訳で、彼らはマウンティングや自慢などそういった行為に繋がり、他の人が自分よりも優れて見えるナルシストは『もしや自分は欠点だらけなんじゃないのか』と心のどこかで潜在的に自分を責めて、それを認めるのが嫌で嫌で仕方がないので、逆に目の前にいるターゲットにした相手の欠点をつっつくんですね。
 
自分の欠点を目立たないようにするためにわざと表に出さず、自分ではなく相手の欠点を責めることで、相手のだめなところに集中できて自分の弱点や問題と向き合わなくていいので投影をして悪口を言っている、そういった心理状態なんですね。

注意するべきタイプの人

 
次に注意するべきタイプの人について簡単にお話ししたいんですけれども、例えば余計なお世話で良かれと思って、いちいちいらんことを言ってくるタイプもいますが、相手の立場からするとかなり迷惑なことだったりするんですよね。
 
投影で考えられるのはまず自分のことは自分が一番知っているようで、実は自分のしていることは本人が一番気づいていないことがほとんどで、例えば例を出すと正義感から投影をしているタイプがよくいる訳ですよ。
 
みなさんの知っている人で『あなたのためを思って言っているんだからね』って言うタイプの人はいますか?
 
ただこちらからすると頼んでもいないし、ありがた迷惑なことだってありますし、こういうタイプの人は善意を見せて相手に罪悪感を感じさせて、自分の思い通りにコントロールしようとする人なので注意する必要があると思います。
 
こういう善意を見せてこちらが断ると罪悪感を植え付けてくるという迷惑なタイプの人は、自分が相手を不快にさせていることとか気づいていないし、発言する前に『これを言ったら相手が嫌な気分になるかな』って考えることは難しいんじゃないかなと思います。
 
 
良かれと思って言っている発言でも相手からしたらいい気はしないし、まず余計なお世話だったりするし、ただこのタイプは相手の欠点とか悪いところにすぐ目がいってしまうので、黙っておけずに相手の問題を取り上げて自分の問題を解決しないんですよね。
 
ナルシストの求めている自分と現実の自分は全く違ったりします。
 
目標に向かって努力をするのと、相手の欠点を突っついて侮辱して自分の価値を確かめるのは全然違うと思いますが、意地悪なことを言ってくる人はそういう心理で、しかも無意識に相手を傷つけたりしているので、自分が相手の心を傷つけているなんて自覚していないことの方が多いと思います。
 
人を傷つける人は頭で考えていることを全部言葉として発してしまうので、感情をコントロールしたり相手に共感するのが苦手なんですね。
 
相手に共感できないので『これを言ったらこの人は嫌がるだろうな』って言葉として発する前に気づけないので、平気で毒を吐いたり相手の嫌がることを繰り返してしまいます。
 
でも自分が何か同じような嫌なことを誰かに言われたら、『こんなこと言われたんだけど、信じられない!』と言って騒ぎ立てるのがナルシシズムの強い人の傾向なんですよね。
 
投影をされた時ストレスを溜めないために『この人はありのままの自分を認めることができなくて、等身大の自分を受け入れることができないんだ』ということを理解すると、毒を吐かれても全部間に受けずに受け流すことができます。
 
また自分が誰かに投影をしてしまった時や、すぐに投影をしてしまう場合は完璧主義にならなくてもいいし、自分は自分なんだと自分自身を受け入れる必要があります。
 
私自身、日常的に『他人は他人だし、自分は自分だ』ということを言い聞かせることを忘れないように心がけていますし、他人を操ろうとするんではなくて、自分が変わる努力をすることの方が大事だと思うんですね。
 
やっぱり他人と比較している人、他の人にばかり集中している人の大半はいつも不満を言っていたり、自己肯定感が低かったりどこか幸せじゃないんですよね。
 
そして、善意で他人をコントロールしようとしてくる人と遭遇することも多いかと思いますが、悪気ないからと言っても良くないことだと思うので、
 
『この人は他人との間にしっかり境界線を引くことができないんだな』『他人を尊重できない自己愛の強い人なんだな』
 
とあっさり受け入れることが必要かなと思います。
 
他人と境界線を引けない人は、他人との距離感がわからないんですね。
 
他人と距離感がわからないということは、言っていいことと悪いことの区別ができないので、そういう人の言ってくることは間に受けなくても大丈夫です。
 
『こうした方がいいのに』と言ってこられたとしても、単に相手の八つ当たりにしか過ぎないわけなんですね。
 
それは表面的な薄っぺらいアドバイスでしかないので、まず相手がナルシストかどうか見極めることが肝心です。
 
本当に私たちのためを思ってくれているのであれば、陰で批判したり向こうが優位になるように、またはこちらを陥れるためのアドバイスではなくて、私たちのために役立つ肝心な点を、丁寧に明確に伝えてくれるはずです。
 
自分のメンタルのために人に毒を吐くのではなく、相手を喜ばせるための行動を取る自分にとってポジティブな人と関わりを持つことが、自分を成長させるために重要だと思います。
 
メンバー限定配信ではそんな投影をして悪口を言ってくる『ナルシストのスミアキャンペーンに対処する方法』について話しています。これはフライングモンキーへの対処法としても有効です。
 
概要欄に動画のリンクが貼ってあるので、興味のある方はぜひメンバーシップに参加してご覧になってください。
 
身近に『この人自己愛が強いな』と感じる人がいる場合は、あるいくつかのことに注意することで自分を精神的虐待の被害を受けることから守ることができます。
 
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
メンバーシップに参加すると『メンバー限定動画』をご覧いただけます。
特典としてメンバーになってくださった方だけに、ナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策やモラハラなどの精神的虐待から立ち直る方法など、通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
視聴者さん同士がお互いに交流して、一緒に学び情報交換できるような温かいコミュニティにしたいと思います。
お気軽にご参加ください💁‍♀️
 
iPhoneからの登録方法
 
【チャンネル支援】
チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛