中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

いい人のふりした人のマスクが一瞬ずれ落ちるのを見逃さないで!カバートナルシストを見破る方法

いい人のふりした人のマスクが一瞬ずれ落ちるのを見逃さないで!カバートナルシストを見破る方法

 

みなさんは、隠れナルシシズムってご存知ですか?

これは脆弱型ナルシシズムとも言われ、このタイプのナルシシズムを持った人は、実は本来持っている正体を隠していい人を演じていることが多く、彼らがナルシストだということを初対面ですぐ見抜くことはかなり難しいとされています。
 
ただこの隠れナルシシズムを持つ隠れナルシストが正体を見破られないために被っているマスクがふとずり落ちる瞬間があるんですね。
 
その時、私たちは彼らが持つ虐待的でものすごく邪悪なパーソナリティを見抜くことができ、『なんかこの人ナルシストっぽいな』という違和感やモヤモヤが確信に変わるかと思います。
 
そんな見抜くのが難しいと言われる隠れナルシストを見極めるのに役立つと思うので、今日は『いい人のふりをしている有毒なカバートナルシストを見破る方法』を詳しく解説していきます。
 

いい人のふりをしている有毒な人を見破る方法

①噂話が好き
 
隠れナルシストといっても、他の種類のナルシストと同様ナルシシズムを持っています。
 
これはナルシシズムがどう出るかで、隠れナルシストの場合彼らが持っているナルシシズムを密かに隠しながらエゴを養うために自己陶酔的な供給をする傾向があります。
 
なので、彼らはカバートナルシストと言われ、彼らはいい人を演じながらも裏で人の噂話や批判をして、自尊心を高めるんですね。
 
隠れナルシストがよく使う戦術のうちの1つで、『相手を心配しているふりをして噂話をする』というのがあります。
 
これは例えば具体的な例を出すと、『〇〇最近会っていないけど大丈夫かな?全然顔出さないよね、最近』など、誰かのことを心配したふりしながら話題に出して、密かに評判を下げるという行動が見られることが多いです。
 
他にも自分が加害者にも関わらず被害者のふりをして周囲に同情を誘ったり、ターゲットの秘密を暴露しておいて『あ、あのことみんなに言っちゃダメだったんだね!ごめんね。忘れてた!』と言ってとぼけたりなど、これはカバートナルシストがよく使う手口だと思います。
②人の話を聞かない
 
これも①と同じようにナルシシズムを持つ人は自己中心的で、またサイコパスやソシオパスもかなり利己的な特徴があると言われています。
 
これらのダークパーソナリティを持つ人は共感力がないので、人の苦労や大変だった話を聞いても『大変だったんだな』『辛かったんだな』など共感することができません。
 
共感しているふりはできたとしても、心から相手のことを思って心配したり気にかけることはできないんですよね。
 
なので、話していてもどこか話が上の空だったり、スマホをいじっていたり他の作業をしていたり、相手の話に興味がないような言動が目立つことがあります。
 
ナルシシズムを持っているということは自己愛が強いということで、相手ではなく自分が注目されていることをどんな時も望んでいます。
 
となると、こちらの成功した話や幸せな話は面白くなかったり、話や電話を終わらせようとしたり、話しているのに割り込んで話を中断させたり、こういったサインが見られます。
③受動的攻撃性を持つ
 
いい人のふりをして攻撃してくる人の多くは、受動的攻撃性を持っています。
 
この受動的攻撃性を持つ人をパッシブ・アグレッシブといい、彼らは受動的攻撃行動を取り相手を不快にさせたりしてじわじわと精神攻撃します。
 
暴力を振るったり暴言を吐いて相手を傷つける能動的攻撃に対し、この受動攻撃はメンタルをかなり疲れさせるのでまずメンタルに来ます。
 
そして、受動的攻撃はモラハラ加害者がよく使いますし、当然ながらモラハラなどの精神的虐待における影響というのは精神だけではなく段々と身体などの健康に悪影響を及ぼすことにも繋がります。
 
また敵か味方かわからないような関係は信用できないし、気を遣うことも多いのでかなり神経を使うと思いますし、まず受動的攻撃の正体は彼らが抱える怒りなんですね。
 
その怒りの感情を直接ではなく遠回しにぶつけてくるので、時にそれは陰湿に感じることがあるかと思います。
 
例えば悪意のあるやり方だと、褒めながら皮肉を混ぜて侮辱してきたりなどが挙げられます。
④ゴースティングする
 
ゴースティングというのは
 
・当然姿を消す
・急に連絡を取らなくなるなど
 
何の前触れもなく一方的に関係を断ち切ることを指します。
 
これはカップルだけではなく、友達や家族の間でも起こりますし、ナルシストが本当によく行うと言われています。
 
ゴースティングはナルシストの虐待の第3段階の廃棄と別れの段階でよく行われるんですけれども、例えば仲良いと思っていて『また連絡するね!』と言っておいて全く連絡がなかったり、彼らは相手のことを一切気にかけないような行動を取ります。
 
特にナルシストは誰かが自身のニーズを満たしてくれた後は用がなくなるので、自分の欲求や望みを応えてくれた後姿を消すことがあります。
 
そして、また他者にニーズを満たしてもらわないといけないように感じたら、すぐ自己陶酔的な供給のためにターゲットにフーバリングをして近づいてくるかもしれません。
⑤嘘泣き
 
ナルシストは感情を偽るために嘘泣きを使って人を騙すんですが、彼らは悲しみや後悔を装うためにある方法を使います。
 
研究者によれば、嘘泣きをする人は感情を偽るために、その感情を誇張する傾向があるらしいです。
 
例えば大袈裟に声を上げて泣いたり、他にも嘘泣きを見抜くには泣いていたのにいきなり泣き止んで笑顔になったり、急に表情を切り替えたり、かなり操作的だと言われています。
⑥いつも自分の利益だけを考える
 
隠れナルシストが親切な人のふりをしている理由というのは、彼らは何か欲しいものを手に入れようとしたり目的を達成しようとしているからだと考えられます。
 
実際すぐには何か要求してこなかったとしても、後から関係が近づくにつれて徐々に頼み事が増えたり、相手を利用するなど他者を不当に利用するために人と人間関係を築くというのがナルシストのやることなんですね。
⑦人によって態度を変える
 
ナルシストは自分よりも上だと思う人には猫を被ってペコペコしますが、自分よりも下だと思う人にはマウントを取ったり見下す傾向があります。
 
隠れナルシストは彼らの本性を隠して、時と状況に合わせて態度をカメレオンのように豹変するんですよね。
 
当然ながら自分よりも立場が上の人に敬意を持って接するのは、私は礼儀だと思います。
 
ただ礼儀やマナーとは違い隠れナルシストは、虐待的な一面を持ち自分より立場が弱い人を区別して、態度を変えるんですね。

最後に

 
こちらの記事では『いい人のふりをしている有毒な隠れナルシストを見破る7つのサイン』について詳しく解説しましたが、もちろん今お話しした意地悪な人ばかりではなく、親切で素敵なパーソナリティを持った人もたくさんいるのが事実だと思います。
 
ただ一部のこのような関わると自分に害を及ぼす攻撃的なパーソナリティを持つ人は、本当に破壊的です。
 
彼らと付き合ったり、彼らが家族や親戚にいたり、彼らと職場が一緒などこういったダークパーソナリティを持つ人と関わって自分がターゲットにされたり、利用されたり、精神的に攻撃されると本当に追い詰められてしまうんですよね。
 
なので、これらのサインを知って少し警戒すれば『あ、この人ちょっと自己中だな』『この人嘘ついてない?』と騙される前にその違和感を感じることができるはずです。
 
『どうしてこの人はこんなこと言ってくるんだろう』と彼らが心の中に抱えるものを知って、その意図を探ることで自分が無理をせずに済んだり、早い段階で断ったりなど対策することで少しでも被害を最小限に食い止められると思います。
 
メンバー限定配信では『いい人のふりをして攻撃してくるカバートナルシストへの対処法』について話しています。
 
モラハラ、パワハラ、いじめなどの嫌がらせの被害を受けている状況で役立つ解決策をたくさん紹介しています。

 

▼興味のある方は、ぜひメンバーに参加してご覧になってください♪
 
 
メンバーシップの登録はこちら
※iPhoneからの登録方法
 
【RinNakamuraDesign】
私がデザインしているレディース服はこちらからご購入いただけます
 
【チャンネル支援】
チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛