中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【ナルシスト撃退法】自己中な自己愛性パーソナリティ障害への接し方教えます

【ナルシスト撃退法】自己中な自己愛性パーソナリティ障害への接し方教えます

 

ナルシストが身近にいると関係を絶つことも難しいしどうしても関わらないといけない状況だと、攻撃されたり操作して利用されたり本当に大変やと思います。

 
ナルシストは自分の思い通りに物事が進まなかったり欲しい物が手に入らないと意地悪なことを言ったり癇癪を起こしてキレてくるので関わると本当に面倒です。
 
今日は『自己愛性パーソナリティ障害への接し方』についてお話しします。
 
ナルシストと関わっている時に注意するべきことやどういう風に対応するのがベストなのか実践的な対処法をご紹介します。
 
 

ナルシストの特徴

 

ナルシストは破壊的で彼らは高い攻撃性を持っています。
 
自己愛性パーソナリティ障害を持った人は承認欲求が普通の人より何倍も強いんですね。
 
なので常に『人に認めてもらいたい』と感じて、その膨れ上がったエゴを養う為に人に害を及ぼしたりします。
 
人を必要以上に批判するのはもちろん、常に永久的な終わりのない自己陶酔的な供給を必要としているので、相手に構ってもらえないと病んだり怒りを向けてくるんですね。
 
例えば構って欲しいが為にわざと仮病を使って周りの人の気を引くこともあります。
 
周囲に同情してもらう為に病的に嘘をついたり注目してもらおうとする行動を取ります。
 
危害を加えないナルシストはまだましかもしれませんがほとんどの場合、人を騙して利用したり、パートナーを粗末に扱ったり親がナルシストの場合は我が子であっても子供が被害者になるケースもあります。
 
このような人が家族や親戚、友人や職場にいたら仲良くすることは不可能でパートナーがナルシストだとモラハラ行為にも発展し、寄り添うことは困難だと思います。
 
そんな周りの人に危害を加えるナルシストをどういう風に扱えばいいのか困っている方もかなり多いと思いますが、まず結論からいうと『相手を変えようとしない』ということです。
 
もし何かミスをしてしまった人がいてそれを深く反省したり態度を改めて改善しようという努力が見られるのであれば人が変わるということは可能だと思います。
 
ただ多くのナルシストを研究されている専門家の方達は『ナルシストが変わることは難しい』とおっしゃいます。
 
まず何回も同じ過ちを繰り返していたり、反省した姿も見られず相手の気持ちを考えられない場合それが結果だと思います。

ナルシシズムの性格が形成される原因

 
ナルシシズムの性格は遺伝的要因と環境的要因によって形成されると研究されています。
 
ナルシストは2種類の極端な子育てから作り上げられた可能性があると言われていて、1つは過保護でもう1つはネグレクトや虐待が原因とされています。
 
過保護で甘やかされて育ったナルシストは悪いことをした時に謝って自分で責任を取ることを学んでいないと言われています。
 
彼らの親や家族など周囲の人が何もかもしてくれたり自分のミスの尻拭いをしてくれたケースが多いです。
 
そしてもう1つネグレクトや虐待が原因の場合変に人格が歪んで操作的になったり共感力が欠けてしまいます。
 
共感力の高い人が彼らを理解して変えてあげようとする場合それは難しいと思います。
 
彼らは小さい頃から人を操ったり、人の気持ちを共感することなく生きてきたからなんですね。
 
普通の人が持っている思いやりや良心、親切さなどをそもそも備えていないので、『いつか変わってくれるかも』と期待しない方が気持ち的に楽だと言われています。
 
彼らは親切なふりをすることはできますがそれは彼らが何か欲しいものを手に入れようとしている時、または人を操ろうとしている時です。
 
彼らは心の奥深くに傷を抱えた人たちなのでそれを癒そうとするのは専門家でも難しいみたいです。
 
自己愛性パーソナリティ障害は心の病気で、この人格障害は与えれば与えるほどひどくなっていくと思います。
 
私たちがどんなにナルシストのために頑張って尽くしても利用されたり平気で人格を否定してくるんですね。
 
共感力がなく自分のことしか考えていないので相手を批判し、低く評価します。
 
『自分の言うことは全て正しい』という思考を持ち、相手の意見や気持ちを無視します。
 
相手のことを全く尊重しない自己中心的な人格を持った人たちなので、そういった利己的な人を変えようとするのは難しいです。

自己愛性パーソナリティ障害の人にどう接したらいい?

接し方を学ぶ
 
では変えるのが難しいのであればどうすればいいのかという話なんですが、まずは彼らをどのように扱えばいいのか『接し方を学ぶ』ということが重要なんですね。
 
彼らの要求に答えて振り回されたり、彼らのエゴを養うためだけに利用されないようにしっかりと自分の身を守るということが大事だと思います。
 
そして彼らのペースに飲み込まれてその自己陶酔のブラックホールに吸い込まれないようにまず1つめに境界を設定することです。
 
忘れてはいけないのは『自己陶酔的な供給は無限に行われる』ということです。
 
始めに『彼らを変えるのは自分の義務ではない。これは彼らの問題であって自分の問題ではないんだ』ということを理解します。
 
そして彼らにパワーを与えないようにしっかり対策をするということです。
 
『彼らにパワーを与えるということは彼らが攻撃しやすい状況を作ってしまっている』ということになるんですね。
 
どうしてパワーを与えることがよくないのかお話しします。
 
ナルシストはターゲットにした人物が自分よりも上に立つことを嫌がります。
 
これは職場でも家族でも友人でもどんな状況でもです。
 
彼らは相手の成果や成功を素直に喜ぶことはなく、ターゲットと同じレベルにいるか、ターゲットが自分より下にいないと気が済まないと感じます。
 
もし『ターゲットが自分を追い抜いた』と感じたらすぐにターゲットを下から撃ち落とす必要があると考え、なんらかの形で攻撃してきます。
 
要するに『ターゲットが自分よりも上のレベルにいる』と察したら自分と同じレベルまでターゲットを下から引っ張るんですね。
 
なので競争心の強いナルシストを相手することは終わりのない戦いをしているように感じるので最初から戦わないのが一番です。
 
まず同じ土俵に立たないこと、そして相手にしないこと、彼らに餌を与えないようにします。
 
特に彼らがフーバリングを行って再び連絡してくる時は隙を与えないように注意することだと思います。
 
ナルシストがフーバリングをしてくる時は気が抜けないかもしれませんが、いろんな手を使ってくるのでこちらが神経質にならない程度に操作されないように気をつけることです。
 
必要以上に意識して気が抜けない状態になる必要はないですがナルシストがフーバリングをして操作しようとしてくる時、これらのことを少し意識しておくと構えることができるのでナルシストが私たちからエネルギーを奪い取ることはもっと難しくなると思います。
 
自己陶酔のために親切な人のふりをして新しい情報をうまく仕入れようとしてきたりしますが、彼らが知る必要のないことは答えないことが大事です。
 
特に自分が疲れている時や忙しくて余裕がない時などは足元をすくわれやすいです。
 
ターゲットが幸せに穏やかに過ごしていることを知った途端、自己陶酔的な供給が始まることが多いです。
 
ナルシストは自分の気が済むまでターゲットからエネルギーを吸い取ります。
 
『中村りん話盛ってない?』と思った方ももしかしたらいるかもしれませんが、実際にこういった有害な人が世の中には存在するんですね。
 
なのでナルシストにその幸せを壊させないように強い境界を設定します。
 
親切な人を装って近づいてきたとしてももし相手がナルシストだとすでにわかっているのであればそれは罠だということを自分で認識することだと思います。
 
そして電話よりメールやラインの方が対処しやすいと思います。
 
電話だと相手が操作しやすくなったりこちらが感情的になってしまった時彼らに自己陶酔を与えてしまうことになるんですね。
否定をしない
 
会話中に気をつけることは『否定をしない』ということです。
 
『それは違うんじゃない?』『あなたは間違っているよ』
『私はそう思わない』『それはおかしい』『それは絶対に違う』
 
これらのことを言わないように彼らと関わらないといけない状況ではとりあえず肯定だけしておいて共感しているふりをすることは効果があります。
挑発に乗らない
 
深呼吸をして落ち着いて対応します。
 
相手のペースに飲み込まれない、そして操作されないように自分の直感を信じることです。
 
彼らが自己陶酔を得る為に自尊心を下げる発言をしてきたら無理して聞かなくても大丈夫なので電話だったら『用事ができた』と言って電話を切ります。
 
直接言ってもいい相手であれば
 
『私はそういった態度は受け入れない』『そういう言い方をしてくるんだったら話す気はない』
 
と直ちにその場を離れます。
 
基本的に癇癪を起こした子供と同じ接し方をします。
 
彼らは自分が問題や揉め事を引き起こしておいて人のせいにするためにガスライティングを行いますが絶対に自分のせいだと自分を責めないことです。
 
iphoneなどの普及で彼らと関係を切りにくいと思いますがなるべく強い境界を設定することです。
 
仮に連絡しても無関心を貫く、話さないといけない相手であれば必要な要件だけを聞くことです。
餌に食いつかない、彼らの餌にならない
 
大事なことは彼らの餌に食いつかないことと自分が彼らの餌にならないことです。
 
ナルシストは境界を無視してきますが絶対に侵入させないことと、
 
『私はこのような振る舞いは絶対に受け入れない』
 
という態度を示すことが重要です。
 
ナルシストはこちらの権利さえも侵害してきますし、選択肢すら与えないこともあります。
 
操作する為に罪悪感を植え付けようとしてきますがそれはナルシストが使う戦術なんですね。
 
彼らはガスライティングをしてこれらのことを言うかもしれません。
 
『あなたのせいでしょ』『あなたがこれをしたからじゃない』
『私は怒っていないよ。なんでそんな怒ってるの?』
『大したことないよ。大袈裟すぎる』『過剰に反応しすぎでしょ』
『なんでそんな敏感なのかわからん』『そんなこと言ってない/やってない』
『違うよ。あの時はこういう意味合いで言ったんだ』
『なんで全部私のせいなの?』『どうしてこんなことするの?』
『どうして私がこんな目に遭うの?』『あなたが間違ってるんだよ』
『あなたがおかしいんじゃないの?』『あなたのせいだからね』
 
これらを言う人が全てガスライティングをしているということにはなりませんが、ガスライティングをする人はガスライティングをする時にこれらのフレーズを使ってターゲットの正気を疑わせるように仕向けます。
 
もしターゲットが強い境界を設定していない場合ガスライティングをされた時にこれらのことを本気で信じ込んでしまいますが境界を作って、ナルシストの間にバリアを張っているのであれば自分自身を守ることはもっと簡単だと思います。
 
ナルシストにまだ会ったことがないという方はもし今後どこかでナルシストに会った時『あー中村りんはあの時この人のことを言っていたのか』と思い出していただけたらいいなと思います。
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share