中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【ナルシストは〇〇と言ってターゲットを心理的に操作する】ガスライティングのフレーズ

【ナルシストは〇〇と言ってターゲットを心理的に操作する】ガスライティングのフレーズ

 

ガスライティングとは精神的虐待の一種でナルシストやソシオパス、サイコパスなどの関わると有害な人が人を操作するために使う戦術です。
 
彼らは相手に
 
『君の言っていることは間違っている』
『そんなこと言うあなたはおかしいんじゃないの?』
 
と相手の認知や記憶を疑わせるために感情的に人を操作します。
 
今日は『ガスライティングのフレーズ』を他にも6つ紹介するので、ガスライティングがどういったものでどのように行われるのか参考にしていただけるといいなと思います。
 
 

ガスライティングとは

 
ガスライティングとは心理的虐待の一種でターゲットにわざと誤った情報を伝えターゲットが自身の記憶や知覚、正気を疑うように仕向ける手法です。
 
ガスライターと言われるガスライティングの加害者はターゲットである被害者の人格を否定したり自尊心を傷つけます。
 
ガスライターはターゲットに対して些細な嫌がらせを繰り返しターゲットを精神的に追い込みます。
 
これはモラハラやパワハラなど精神的DVを行う人がよく使う精神的虐待の手口です。
 
実はガスライティングは日常的によく起こることで夫婦間や職場、家族内、いろんな状況で体験するかもしれない意外と身近にあるものだったりします。
 
実際に私もガスライティングをされた経験があり、ガスライティングがどのように行われて、どのようにガスライターが人をマニピュレーションするのか経験したことがあります。
 
それがこのチャンネルを作ったきっかけなんですが、ガスライティングをされるとメンタルに大きな影響を与え、ターゲットの私生活に支障をきたしてしまうこともあります。

ガスライティングのフレーズ

 
ナルシストやサイコパスなどガスライティングをする人がガスライティングをする時によく使うフレーズがあるので今日は6つご紹介したいと思います。
①『ちょっと言ってることがわからない』と言ってとぼける
 
自分の都合が悪くなると知らないふりや忘れたふりをしてその状況から逃れるためにはぐらかします。
 
例えばみなさんが『でもあの時あなたは〇〇でしたよね?』と事実を伝えても
 
『なんの話をしているの?』
『ちょっと言ってる意味がわからないんだけど』
 
と誤魔化して話の内容をすり替えます。
②『君は敏感すぎる』
 
『君はすぐ感情的になる』と言ってターゲットを責めます。
 
実際にターゲットが傷ついていたり問題を抱えていたとしても、ガスライターはそれを問題視せず
 
『感情的になりすぎ』『気にしすぎ』
『大袈裟すぎる』『過剰に反応しすぎ』
 
とターゲットに問題があるようにターゲットを非難します。
 
ガスライティングの大きなサインは相手が『自分に問題があるように思わせてくること』です。
 
『自分の言っていることはおかしいのかな』と感じることがあればガスライティングをされている可能性が高いかもしれません。
③『話盛りすぎ』
 
要するに『大袈裟に言ってる』『話作ってる』ということですがガスライターは実際に起こったことを
 
『そんなことは起こっていない』
『そんなことありえない』『それは間違っている』

 

と言って証拠があったとしても事実を否定します。
 
これは被害者の記憶や経験を疑ってしまうことになり、被害者は何を信じたらいいのか何が本当なのかわからなくなってしまいます。
 
ガスライティングをされると頭の中が混乱してしまうのでこのようなフレーズをいつも言ってくる人には注意する必要があります。
④『そうじゃないでしょ』『実際にはこうだったんだよ』
 
ガスライターはこれらを言ってターゲットの記憶を上書きしようとします。
 
このように話しかける人は少し注意が必要かもしれません。
 
私が実際にガスライティングをされていた時、ガスライターはよく私の発言に対して
 
『違う違う。それは絶対間違っているよ
『それは間違いだからこうした方がいいよ
『そんなことしたら失敗するよ
『違う。よく聞いて。私が教えてあげるから
『私の言うこと聞かないとこうなるけど、それでもいいの
 
こういったことを頻繁に言ってきたんですね。
 
頭の中では『なにかおかしい』と感じていたものの、いざ心理的に操作されると防ぐことは難しいです。
 
特に疲れている時など弱っている時、大きな決断をしないといけない時、周りに頼れる人がいない時はガスライティングをされないように少し意識することが大事だと思います。
⑤『あなたのせい』
『あなたのせいでこうなった』
『あなたがこうだからだめなんだ』
『あなたがこんなことしたから』
『あなたが〇〇さえしなかったら』
『あなたに問題があるからだ』
『あなたが失敗したんだよ』
『あなたが〇〇するべきだったんだ』
 
ガスライターは投影というものを行い自分自身の失敗や欠点を他人に押し付けようとします。
 
【投影】自分の中にある受け入れたくない不都合な感情や衝動を、他人のものだと思い込むこと。例えば、『誰かのことを嫌っいるとして他人を嫌う自分の感情を認めたくないので『相手が自分を嫌っている』と自分の感情を相手に押し付けて自分の否定的な感情感を相手に移すこと』
 
絶対に彼らのせいではなく常に誰かのせいでものすごく被害妄想が激しいです。
 
関わると有害な人は罪悪感を植え付けたり被害者のふりをして相手を感情的にコントロールして操作しようとする戦術を使います。
⑥『〇〇の言うことは聞かない方がいいよ』
 
ガスライターの中でもこれを言う人は危ないような気がします。
 
このフレーズを言う人全員が危ないということにはなりませんし、自分をガスライターから助けてくれている人がこれを言う場合は信用できると思いますがガスライターの場合このフレーズを言ったり
 
『なんであんな人の言うこと聞くの?』
 
と言ってターゲットを操作します。
 
操作的な人は他人に敵対心を持たせようとしたり人間関係を壊したり人を操ろうとします。
 
みなさんの周りにこれらのフレーズをよく使う人はいますか
 
またみなさんはどんなことを言ってガスライティングをされたことがありますか
 
みなさんが体験したことなどありましたら参考にしたいのでコメント欄で教えていただけるとありがたいです
 
今後もガスライティングの情報をたくさん発信していきます。最後まで読んでいただきありがとうございました💛
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share