中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

ナルシストの謝罪/マニピュレーターの洗脳方法【自己愛性パーソナリティ障害の弱点】

ナルシストの謝罪/マニピュレーターの洗脳方法

 
皆さんはナルシストが謝る時、それは心から申し訳ないと思っている謝罪だと思いますか?
 
それともナルシストは反省せずに口だけで演技をしていると思いますか?
 
今日はナルシストが謝る時の心理についてお話しします。
 
ナルシストに出会ったことがないという方もいると思いますが『こういう恐ろしい性格をした人もいるんだな』と今後の対策のためにもぜひ知ってもらいたいと思います。
 
ナルシストが人を傷つけるなどの問題行動を繰り返し、謝ってきては許しチャンスを何度も与え続けたり、彼らの行動に呆れてうんざりしている方はこの動画を観ていただいたら彼らの心理を納得していただけると思うのでぜひご覧になってください。

 

 
 
 
本題に入る前にこの動画はナルシストや自己愛性パーソナリティ障害を持った人を非難するためではなく、彼らの特徴や心理を考察し彼らの特性を説明したもの、そして彼らから被害に遭った方への情報提供が目的だということをご理解していただきますようお願いします。

ナルシストが謝る時

 
まずナルシストに傷つけられた方はかなり多いと思いますし、
 
『ナルシストは絶対謝らないから本当に許せない。謝って欲しい』
『この人は謝ってるけど本当に悪いと思っているのかわからない』
『ナルシストを絶対に許したくない』
 
彼らに対してこのように感じている方が多いと思います。
 
まず『批判に耐えられない』という特徴を持つナルシストは基本的に謝らないことが多いです。
 
いくら自分が人を侮辱したり人の気分を害したり許されないことをしていても、彼らは悪い事をしている自覚はないんですね。
 
ナルシストは自身の不適切な行いを誰かに注意されても
 
『批判をされている』『嫉妬されている』『自分を羨ましがっている』
 
と勘違いしていることがほとんどです。
 
彼らは壮大で傲慢なキャラクターを演じ続け、人を傷つけていてもそういった認識がないんですね。
 
理由はナルシストの代表的な特徴に共感力の欠如があります。
 
人間誰もが自身のエゴを養う行動を取るので、自分を守ろうとするのは人間が元々持っている本能です。
 
もし自分が悪いことをしていない場合謝りたくないのは納得できます。
 
ただナルシストはどんなに許されないことをしていても特権意識が強いので『自分は許されて当然』だと考えます。
 
特権意識というのは『自分は特別な扱いを受けて当たり前だと考えること』です。
 
ナルシシズムを持った人は実力や人間性に比例していないにも関わらず『自分は他の誰よりもえらいから他者より優遇されて当然だ』という思考を持っています。
 
そんなプライドの高いナルシストでも実は謝罪することがあります。
 
彼らが仮に謝ったとしても言い訳が多いことがほとんどですが、彼らが謝罪する時に多いのは
 

『自分が欲しいものを手に入れるようとしている時』です。

 
彼らは自分の望むものを得るために一旦プライドを捨てて謝ることがあります。
 
でも謝ったあとは急に開き直って、謝っていた時とは別人のような姿に豹変します。
 
私は実際このような体験をしたことがありますが、その豹変の仕方は本当に異様に感じます。
 
ナルシストはカメレオンみたいだと言われていて人や状況によって態度を変化させ、自分の標的にした獲物を得ます。
 
必死に相手に許してもらうために謝ったあとは、以前の横柄で壮大な態度に急変し再び人を見下すといった行動を取り始めます。

人を心理的に操作するナルシストが使う戦術

 
ナルシストはマニピュレーターなので人を操るのが得意なんですね。
 
彼らは人を操作するために色んな戦術を使います。
 
代表的な戦術を挙げるとLove bombingというものが存在します。これは彼らの虐待のサイクルの第一段階に当たります。
 

【Love bombing】ナルシストの虐待サイクルの第一段階。大袈裟な愛情表現、愛の爆弾とも言われ、ターゲットにたくさんの褒め言葉やプレゼントを与え、自分に魅了しようとする心理的操作の戦術

 
ナルシストの謝罪はLove bombingの一部でこれは操作的な人が使うマニピュレーションの方法です。
 
Love bombingを行うナルシストは口が上手いので色んなことを言って相手を再び自分に魅了させようとします。
 
相手が聞きたい言葉を並べたり子供や自分が持っているものを使って同情を誘い巧みに嘘をつきターゲットを騙します。
 
彼らは『可哀想な人だな』と第三者やフライングモンキーに思わせて洗脳します。
 

【フライングモンキー】ナルシストのイネーブラー。ナルシストに成り代わって周囲に毒を吐く代理人

 

これはナルシストが人を操作するための戦術でナルシストの行動はパターン化されています。
 
彼らの行動を見たらはっきりとわかると思うんですが、彼らの言葉と行動って全く一致していないことがほとんどなんですね。
 
私たちはナルシストの矛盾している行動を客観的に見ることができます。
 
彼らは被害を受けた人の気持ちや犠牲になった人の気持ちを全く考えないことが多いです。
 
人を不快にさせてもそれに気づかず無意識に人が嫌がる言動を繰り返します。
 
人が単純に嫌だと思うことさえもむしろ『自分は他者から嫉妬されている』と本気で思い込んでいるので被害者のふりをして自分を正当化します。
 
彼らは人を不快にさせてでも人を陥れたり蹴落としてでも
 
・自分は優位な立場に立つべき
・自分は評価されるべき
・自分は立派な人間で誰よりも価値がある
 
と考え、ナルシストは単に性格が悪いのではなく自己中心的で人格が歪んでいます。
 
『自分のせいでこうなったんだ』という考えは持たず、そして被害者からしたら、被害や損害を受けたりダメージが大きい場合謝ってもらって済む問題ではないですがナルシストは自分がしたことの重大さには気づけないんですね。
 
彼らは共感する能力を持っていないので自分がどれだけ周りに迷惑をかけているのか自分がどれだけ人を傷つけているのか自分がどれだけ周りに有害で悪影響なのかということは理解できません。

ナルシストの代表的な特徴

Since the chronic narcissist’s self-worth and identity are often highly egocentric (based on false superiority, haughty conceit, superficial status, perceived privilege, overbearing entitlement, blatant materialism, etc.), many are highly sensitive to real or perceived signs of inattentiveness, slights, snubs, or unfavorable comparisons, which they interpret as a direct threat to their self-esteem.
【引用: Phychology Today】
 
この記事ではナルシストの特徴について詳しく書かれているんですが、
 
自己中心的、誤った優越性、傲慢、うぬぼれ、表面的な地位
 
などの特徴が挙げられています。
 
このSuperficialというのは表面的や浅いという意味があるんですがナルシストの特性を説明する時によく使われます。
 
どうしてナルシストがSuperficialなのかというと、自分の地位やエゴのために他人と上部だけの付き合いや表面的な発言をしたり表面的な人間関係を築いたりするんですね。
 
なのでこれはナルシストの謝罪にも深く関連していてナルシストが謝る時はどこか反省してないように見えたりとても表面的に感じ取れます。
 
人に許してもらうために露骨に泣いて演技をしたりナルシストは自分の目的のためならプライドを捨ててなんでもします。
 
言い換えたら逆にプライドが高いからそこまでできるのかもしれませんが、『自分が利益を得られる』と察したら容赦なく嘘をついて謝ってマニピュレーションを行います。
 
まず反省している姿すら見ることができない場合もあります。
 
許されるにはそれなりに時間が必要な状況もありますが、彼らは被害者に十分な時間を与えず自分が有利な立場になるように自分の利益だけを考えプッシュします。
 
例えば自分の行いを軽く考え『謝ったんだから許してくれて当然だろ』という思考を持っているんですね。
 
ターゲットからしたら被害を受けて傷ついたりして大変なのにナルシストはその苦労や困難を感じることはないんですね。
 
そこでターゲットが許してしまうと彼らの問題行動が悪化する可能性は高いです。
 
彼らの嫌がらせを簡単に許す行為は火に油を注ぐ行為で高い確率で嫌がらせはエスカレートします。
 
許してもらったということは『自分は相手をコントロールできた』『自分の支配下に置くができた』というのが彼らの心理です。
 
謝ったすぐは反省した態度を見せているかもしれませんが、私たちは段々と彼らの本性を再び見たり、感じたりすることができます。
 
ナルシストは自分のエゴ、プライドや利益が全てでとても自己中心的です。
 
彼らは謙虚さ、思いやり、親切さ、忠実さを備えていないんですね。
 
プライドが高いことや負けず嫌いで競争心が強いことは素晴らしいことですが、ナルシストの場合自己中すぎて人を平気で傷つけたり人を踏み台にしてのし上がったり彼らの行動は異常です。
 
私たちが見ることができるのは
 
低い自尊心、膨れ上がったエゴ、壮大さ、傲慢な態度、無責任さ、責任転換、かまってほしいなどの承認欲求、共感力の欠如、着飾ったりする見栄、自慢など
 
です。
 
ナルシストは壮大な姿を周囲に見せないと生きていけない生き物で、それは自己顕示欲が強い証拠なんですね。

ナルシストは承認欲求が人より何倍も強い

 
承認欲求が人より何倍も強いので常に『他人に認められたい』という欲求を持っています。
 
承認欲求が強い人は自分が話の中心にいないとつまらないと感じたり、自分が注目されていないと嫌でいつも自分の話が多く『私を見て』がすごいらしいです。
 
なので研究ではナルシストはSNSの更新頻度も多いと言われていますし、そうやってナルシストは自身のエゴを養うんですね。
 
エゴを養うことはナルシストがエネルギーを得ることです。
 
彼らは他人から自己陶酔というエネルギーを満足するまで食い尽くします。
 
ターゲットがこの餌に釣られてしまうと彼らは自己陶酔的な供給を受けることができます。
 
この自己陶酔は彼らのポジティブなエネルギーに変わります。
 
自己陶酔にも様々な種類があり、ナルシストにもたくさんの種類があって特徴の出方はそれぞれです。
 
例えば典型的なタイプの尊大型ナルシストだと魅力的でカリスマ性や人気があります。
 
でもナルシシズムの人格が変に歪んでしまうと隠れナルシストや悪性ナルシストになってしまい、周囲に迷惑をかけたり歪んだ人格を持ったただの自己中心的な人になってしまいます。
 
壮大型も悪性ナルシストもどちらも自己陶酔を必要とし、彼らが私たちの元に戻ってくる時は自己陶酔のタンクが空になってメンタルが落ちてしまっている状態の時が多いです。
 
彼らは自己陶酔を再び得るとエゴを養うことができ、再びそのタンクは満たされたように感じるんですね。
 
そうやってナルシストは自分の価値を測ります。
 
どうしてかというと彼らは自尊心が低く自分の価値を自身で測れないんですね。
 
この自己陶酔的な供給は無限に行われるものです。
 
ナルシストは反省をしないしこちらが許せば許すほど彼らの問題行動はエスカレートする可能性が高いです。

ナルシストは謝っても許してもらえない時どういった行動を取るのか

 

彼らは謝っても許してもらえない時、または謝っても相手を操作できない時ナルシストの怒りを向けます。

 
これはナルシストが持つ特有の怒りで、英語ではNarcissistic rageといい、1970年代に精神分析医によって初めて使い始めた言葉です。
 
この怒りは攻撃的や暴力的になったり謝罪しても相手に許してもらえない時や自分の欲求が通らない時はガスライティングをしてもっと心理操作を行ったり投影を行い暴言を吐いて人を脅したりします。
 
一部のナルシストは直接身体的に攻撃して危険なタイプもいますが、物理的に暴力を振るわなくても言葉の暴力で脅迫したりストーカー行為を行ったりします。
 
なのでこのナルシストが持つナルシストの怒りを向けられるとやばい時が多いです。
 
基本的に彼らは誰かに許してもらえない時エゴを養えないので落ち込んだり鬱っぽくなることがあります。
 
でも自己陶酔的な供給のために再び戻ってきて偽物の謝罪で許してもらおうとします。
 
例えばナルシストではない人は自分が失敗してしまった時素直に自分のしたことについて反省して心から謝っているように私たちは感じ取れるはずです。
 
『次は失敗しないように気をつけよう』
『悪いことしたな』
『しっかり反省しよう』

 

と感じ、彼らの誠意が伝わります。
 
でも私たちが覚えておくべきことはナルシストが謝り、人に自分の失敗を許してもらった時彼らの心理は
 
『今回は案外簡単に許してくれたな』
『これを許してくれたってことはこれをやっても平気なんだ』
『もし次同じことしても今回も許してくれたし大丈夫だろう』
 
ということなんですね。
 
許してくれた=許可をもらったと勘違いをし、自分の問題行動を軽視したり相手を尊重することはありません。
 
どうしてかというとナルシストの周りには必ずフライングモンキーと呼ばれるイネーブラーがいます。
 
このイネーブラーはナルシストの問題行動をサポートする人のことでナルシストが不適切な行動を取る度にイネーブラーが尻拭いをしナルシストは今までそうやってイネーブラーに支えられ生きてきたからです。
 
イネーブラーが常に自分のケツを持ってくれたので自分で自分のミスの責任を取ることはありません。
 
周りに過保護にされたり過度の甘やかしがナルシシズムの性格を形成する原因のうちの1つです。
 
彼らは自分の都合が悪くなると誤魔化したり、話をすり替えたり心理操作をして他人に責任転換して自分が責任を取ることから上手に回避します。
 
ナルシストでない人からするとその状況はとても異様に感じ何をしても許され、問題をうまくすり抜けるナルシストに嫌気が指したり、不平等に感じることがあります。
 
なのでナルシストは職場では出世しやすいと言われています。
 
口がうまいので上司に好かれやすく問題を起こしても軽視されてその問題が重要視されることは少ないことも事実です。
 
ナルシストは問題を起こしても謝罪した直後何もなかったかのように振る舞い、再び壮大な姿を演じて自己陶酔的な供給を要求します。
 
その自己陶酔のタンクは常に底に穴が空いた状態なので私たちが与えても与えても満たされることはないんですね。
 
『謝ったから許してくれて当然だ』と考えるナルシストは忠実性を持っていないので心から謝罪することはありません。
 
こういった行動は小さい頃など昔に始まったものでそうやって生きてきた証拠なんですね。
 
まともに教えてくれる人がいなかったり特別扱いされて育てられたから『自分で自分の責任を取る』ということをしないんですね。
 
ナルシストから被害を受け苦しんでいる人はたくさんいますし、このような問題行動は絶対に軽視されるべきではないと思います。

ナルシストがナルシストを育てる可能性も‥

 
ナルシストがナルシストを育てることも十分にありえるので、私たちがこういった知識をつけることでナルシストの嫌がらせの被害者になることを避けられますし、もしくは自分がナルシストになることを防ぐことができます。
 
これはモラルの問題だと思うので例えばどちらかの親、または両親がナルシストで人として大事な部分が欠けている場合子供はそれを見て育つと思うんですね。
 
ナルシストの親を持つ場合子供が被害者になり、イネーブラースケープゴートになってしまうか、親のようにナルシストになってしまうことが多いです。
 
モラハラの加害者は元々虐待の被害者が多いように、ナルシストの親は自分の行動を正当化するので、子供はその間違った考え方を正しいものだと学んでしまいます。
 
毒親を持ってしまった場合可哀想なのは子供だと思うので子供が被害を受けてしまったり親の異常さに気づけない場合一番身近にいる子供が被害を受けてしまいます。
 
状況によってそれぞれですが例えばグレてしまったり親に不信感を抱いて生きづらさを感じたり、トラウマなどを心に傷を背負って生きていくはめになるからです。
 
ナルシシズムが強い人は自己愛性パーソナリティ障害という人格障害を持っている傾向があります。
 
これは人格が歪んでいて性格の問題なのでこの人格障害を持っている人は必ず周りの人に迷惑をかけます。
 
迷惑をかける度に謝り許してもらうということを繰り返してきた結果なのでナルシストが反省したり変わることはないんですね。
 
心に病気を持った人をまともに相手することはまともな人からすると振り回されているように感じます。
 
でももし親がナルシストだったらこういったことって誰も教えてくれないのでナルシストが身近にいるという方は
 
『こういった人格を持った人がいるんだ』
『これは自分のせいではないんだ』
『ただ性格が悪いんじゃなくて病気なんだ』
 
と知らない方にぜひ知ってもらいたいと思います。
 
ナルシストは絶対同じ過ちを繰り返すので周りにいる人は十分に気をつけて欲しいと思います。
 
自己愛性パーソナリティ障害は本人に自覚はないので人を傷つけていても本人はなんとも思っていないんですね。
 
彼らは感情的に幼稚なのでまともに相手をするだけ時間の無駄だと思います。
 
感情的に幼稚な人は自分の怒りをコントロールする方法を知らないんですね。
 
常に自分本位で行動するので他人に暴言を吐いたり人を脅したり適切な方法でその状況に対応する方法を学んでいません。
 
感情的に未熟で見た目だけ歳を取っただけなのでまともな人は会話していて違和感を感じることがあると思います。
 
彼らに塗る薬は残念ながらないですが、あるとしたら絶対に自己陶酔的な供給を与えないことです。
 
自己陶酔を与えないことはナルシストにとって屈辱で残酷なものなんですね。
 
ナルシストを撃退するには、彼らのイネーブラーになって彼らをサポートしない、そしてイネーブラーになってしまっている人は目を覚ますことが大事です。
 
【イネーブラー】自分を犠牲にしてまで、ナルシストの問題行動をサポートする人
 
イネーブラーになってしまうと自分を犠牲にしてでもナルシストの肩代わりをして自身を犠牲にしてしまいます。
 
でもナルシストはイネーブラーを自分の駒のようにうまく操り利用します。
 
このブログではイネーブラーにならないためにするべきことなどナルシストに関する情報をたくさん配信しています。
 
今ナルシストから被害を受けて困っているという方はぜひ他の動画も観てもらえばいいなと思います。
 
ナルシストとの関係から抜け出すきっかけになったり、彼らの特徴をよく理解することで今後ナルシストに遭遇してしまった時早めに対処することができます。
 
そしてなによりトラウマを抱えてしまった方は多いと思うので、トラウマから解放され以前の自分を取り戻すために参考になるような情報もこれからもたくさん発信していきますので今後もよろしくお願いします
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share