中村りんの心理学研究所

ナルシストの心理、特徴、自己愛性パーソナリティの特性、心理的操作(Manipulation)のテクニックなど『ナルシシズムについての知識を深めたい』『ナルシストにどのように対応したらいいのかわからない』という方に向け、様々な状況で役立つ対処法を紹介しています。もっと多くの方がガスライティングや精神的虐待(Narcissistic abuse, Psychological abuse, Emotional abuse)を知り、被害者が減ることを願います。

【ガスライティング/心理操作をされた時使える】ガスライターの扱い方

ガスライターの扱い方

 
みなさんはガスライターと呼ばれる人を知っていますか?
 
ガスライターとはガスライティングをする人で、ガスライティングは意外と日常で起こることが多いです。
 
これはナルシストやサイコパスが使うマニピュレーションの方法で、とても操作的です。
 
彼らは事実を捻じ曲げたり、嘘をついて人を操ろうとします。
 
今日は『ガスライターの扱い方』についてお話しします!

 

 
 

心理的虐待と言われるガスライティング

 
今からお話しするガスライターは火をつけるガスライターではなくて、心理学でガスライター呼ばれるガスライティングをする人のことです。
 
ガスライティングは心理的虐待の一種で人を操作して支配しようとする人はガスライティングを使って、人を巧みに洗脳します。
 
ガスライターはバレにくい嘘をついたり、事実ではないことを本当のことのように話して、ターゲットに間違った情報を与えます。
 
今日はどのように彼らを扱えばいいのか、すぐに実践できるガスライターへの対処法についてお話しします。
 
ガスライターやマニピュレーターなど人を操ろうとする厄介な人を扱う時は地に足をつけて、自分のメンタルを守って境界を設定することが大事だと思います。
 
地に足をつけるというのは『物事を少しずつ、確実に進めていくこと』でガスライターからの精神的虐待を受けている困難な状況でとても重要になってくると思います。
 
まず最初にガスライターのマニピュレーションが始まり、虐待のサイクルで行われる第二段階の過小評価が始まる状況ですが、これはその関係が崩壊し始める時です。
 
ガスライターはLove bombingを行って、ターゲットを自分の操作できる範囲内にがっちり固めた後、徐々に精神的虐待を始めます。
 
それは彼らと揉めたり争いが始まる時で、ガスライターはその状況で『この人は自分の味方か敵か』判断します。

Trigger(トリガー)とは

 
ナルシストなどのガスライティングをする人は常に白か黒かはっきりしています。この人は好きか嫌いか自分の敵か味方かはっきりと区別する特性を持っているんですね。
 
もし私たちが同じ意見を持っていなかったり、彼らの意見に反対する、彼らに同意せず私たちの意見を述べるなど反抗することがあれば、彼らは私たちを敵に回して標的にすることがあります。
 
 
その時ガスライターは感情的になり、ターゲットに怒りを向け始めます。彼らはわざとターゲットが言われたくないことを言ったり、挑発してターゲットを感情的にさせたり怒らそうとしてきます。
 
 
この行為をTrigger(トリガー)というんですが、トリガーというのは銃の引き金を意味します。
 
引き起こすとかもたらすという別の意味もあって、『何かのきっかけで動き出すもの』ということを指すんですね。
 
ガスライターはこのトリガーを行ってターゲットを挑発します。
 
彼らはターゲットが言われたくないことやターゲットをトリガーさせる物を十分に理解しているので時に事実とは真逆のことを言ってガスライティングを行います。
 
例えば、皆さんに子供がいたとしたら
 
『最低な親』『子供が可哀想』
 
と言って煽ってきたり、職場だと必要以上に責めてくるといった行為です。
 
ガスライターは意図的に相手を精神的に傷つけます。

ガスライティングをしてくる人への対処法

①理解しているふりをする
 
『うん。わかるよ』『そうだね』
『なるほど』『わかります』

 

と反抗せずに適当に相槌を打ちます。
 
彼らに同意する必要はありませんが、言い返しても悪い結果になるならどうせなら『わかる』と言って、様子を見ることも一つの手やと思います。
 
『わかる』と言っても言い返したり暴言を吐いてくるのであれば、
 
『そのような態度を取るなら話したくないし、後で落ち着いたら話そう』
 
と言って、すぐにその場を離れるべきだと思います。
②ガスライターに話させる
 
彼らのしょうもない話を聞くのはうんざりしますが、こっちが
 
『相手はガスライティングをしている』
 
と十分に理解しているのであればまず強い境界を作ります。
 
『自分は絶対この手には乗らへん』
『何を言うてきてもこの餌には釣られへん』
 
と強い意思を持って、彼らが言うことを上手に受け流します。否定的なことを言ってきても絶対に間に受けないようにします。
 
ガスライターと会話中こっちが操作し返す必要もあるので、ガスライターに話し続けさせて、
 
『それで?』『どうして?』
『なんでそう思うの?』

 

と聞き返すこともできます。
 
こっちが感情的にならず落ち着いて対応すれば、ガスライターは最終的に自分がいい加減なことを言っていると自分のしょうもなさに気づくかもしれません。
③同意する
 
『そうだね』『そうですね』
『本当ですね』『そう思います』
『確かに』『わかります』
『それでいいんじゃない?』
『なるほど』『納得します』
『それが正しいと思います』
『間違ってないですよ』

と言って彼らに同意します。
 
『わかる』と同意した後こちらの反対意見を述べると逆にガスライターを混乱させるだけなので、ガスライターを操作し返すのに効果的だと思います。
④一切注意を向けない

 

ガスライターは自分が注目されることを好むので、

 
『彼らに一切興味がない』
 
と示すことを彼らは嫌います。
 
エナジーバンパイアと言われる人を感情的に操作して他人からエネルギーを奪うタイプの人は、ターゲットが彼らのことについて考えることさえも彼らにエネルギーを与えることになります。
 
ガスライターにエネルギーを奪われないようにするためには、自分自身を大事に優先して彼らに一切関心がないことを見せつけます。
 
⑤NOと言う
 
彼らに同意してもつけ上がったりもっと利用してくる場合は、彼らに振り回されることを避ける為にNOとはっきり断ります。
 
自分が無理をしてまで相手を喜ばす必要はないので、できない時ははっきりと『できない』と断って、相手を納得させます。
 
はっきりと断ることでガスライターに
 

『あなたは私を操作することはできない』

 

と分からせることができます。
 
常に彼らの欲求に答えるのではなく自分の意思を優先にして考え、彼らがいろんな手を使ってきてもそれが自分の望む物でない場合ははっきりと断ることも大事やと思います。
 
私も以前まで断ることができなくてNOということに罪悪感を感じたり悪いなという気持ちがあったんですが、何もかも他人の気持ちを優先していたら自分がしんどくなってしまったんですね。
 
もちろん相手の気持ちを尊重することが大事ですが、ガスライティングが起きている関係の場合は、自分がやりたくないことを相手がガスライティングをして強制してくるのは私は間違っていると思うんですね。
 
いろんな状況やケースがあると思いますが、ガスライターが精神的に相手を傷つけていることを知ってガスライティングをしてくる場合、こっちがはっきりと断らないとガスライティングを止めることはできないと思います。
 
ガスライティングについてはほんまに奥が深くて精神的に嫌がらせをされることはとても困難ですが、落ち着いて対応することができれば被害を最小限に抑えることができます。
 
上記の動画でも詳しく話していますので、興味のある方はぜひご覧になってください😊
 
この記事が参考になった!共感した!と思った方は、スター🌟とコメント💌お待ちしております!
 
今後も役立つ情報をどんどん配信していくので、『はてなブックマーク、読者ボタン』よろしくお願いします💛
 
読者になると最新記事をいち早くチェックできます👍では次回のブログで!
 
【YouTube有料メンバーシップの登録はこちら 】
 
【メンバーシップに登録するとできること】
💛『メンバー限定動画』をご覧いただけます。 メンバーシップ限定配信では、特典としてメンバーになってくださった方だけに、このチャンネルで話しているナルシストや難しい人に打ち勝つために必要な秘策、他にもメンタルを改善するためのヒントや皆さんが気になるような通常動画で紹介している内容よりもっと活用できる知識を提供します。
 
【チャンネル支援】

チャンネル運営をサポートするために撮影・編集機材を提供したい方、
プレゼントしたいという方はこちらからお願いいたします😊💛
https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/2DFJPIUWJFESY?ref_=wl_share